Fandom

Japan

お盆

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

テンプレート:出典の明記 お盆(おぼん)は、太陰太陽暦である和暦天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる祖先の霊を祀る一連の行事。一般に仏教の行事と認識されているが、仏教の教義で説明できない部分も多く、古神道における先祖崇拝儀式神事に仏教行事の「盂蘭盆」(うらぼん)が習合して現在の形が出来たと考えられている。

ファイル:Osurasma, or praying a soul out of purgatory-J. M. W. Silver.jpg

由来 編集

仏教用語の「盂蘭盆」の省略形として「盆」(一般に「お盆」)と呼ばれる。 盆とは文字通り、本来は霊に対する供物を置く容器を意味するため、供物を備え祀られる精霊の呼称となり、盂蘭盆と混同されて習合したともいう説もある。 現在でも精霊をボンサマと呼ぶ地域がある。

盆の明確な起源は分かっていないが、1年に2度、初春初秋満月の日に祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事があった(1年が前半年と後半年の2年になっていた名残との説がある)が、初春のものが祖霊年神として神格を強調されて正月となり、初秋のものが盂蘭盆と習合して、仏教の行事として行なわれるようになったといわれている。日本では8世紀頃には、夏に祖先供養を行うという風習が確立されたと考えられている。 地方や、佛教の宗派により行事の形態は異なる。

また、お盆時期の地蔵菩薩の法会は「地蔵盆」と呼ばれ、(天道)大日如来のお盆は大日盆といわれる。

お盆は成句(イディオム)して使われることもある。「盆暮れ(ぼんくれ)」などと時季を指す言葉としての使用や、「盆と正月が一緒に来たよう」という"とても忙しいこと"または"喜ばしいことが重なること"のたとえ(慣用句)としての使用がそれである。

日付 編集

伝統的には、旧暦7月15日に祝われた。日本では明治6年(1873年1月1日グレゴリオ暦新暦)採用以降、以下のいずれかにお盆を行うことが多かった。

  1. 旧暦7月15日(旧盆)
  2. 新暦7月15日(もしくは前後の
  3. 新暦8月15日月遅れの盆。2.を主に祝う地方では旧盆とも)
  4. その他(8月1日など)

しかしながら、明治6年(1873年7月13日に旧暦盆の廃止の勧告を山梨県(他に新潟県など)が行うということもあり、1.は次第に少数派になりつつあり、全国的に3.(月遅れのお盆、旧盆)がもっぱらである。ただし何代かに渡り東京に住まう人々は、2.の新暦7月15日をお盆とし、参りなどの行事もこの時期に行われる。例えば、神奈川県東京都檀家が分布するようなでは、東京都の檀家からは、7月半ば(2.)に呼ばれ、神奈川県の檀家からは8月中旬(3.)に招かれるというようなことがある。しかしながら、東京、神奈川などの関東の地域(特に古くからの市街地、但し北関東は除く)では現在も7月半ばのお盆が一般的で、お盆用具の販売はもっぱらこの時期に行われている。他にも、北海道では函館市根室市佐呂間町の若佐地区、北陸の石川県金沢市静岡県都市部などに2.の新暦7月にお盆を行う地域がある。岐阜県中津川市付知町、中津川市加子母は8月1日である。

現在の報道メディアでは、多数派である8月中旬(3.)を「お盆」と称するため、「お盆」というと月遅れのお盆を指すことが全国的になりつつある。ただし、沖縄県では現在でも1.の旧暦による盆が主流である。そのため、お盆の日程は毎年変わり、時には9月にずれ込む。

なお、旧暦での盆を旧盆というが、一部の地方を除いて通常、新暦での盆は新盆[1]とは言わない。新盆(にいぼん)は別の意味となる。

全国的な風習 編集

盆の概念は日本全国に広まっているため、その行事の内容や風習は地方それぞれにさまざまな様式がある。必ずしも定まったものでないが、全国に比較的広まっている風習として次の様なものがある。

ファイル:Mukae-bi,obon,katori-city,japan.JPG
ファイル:The offering of the Bon Festival,mizunoko,katori-city,japan.JPG

釜蓋朔日 編集

1日を釜蓋朔日(かまぶたついたち)といい、地獄の釜の蓋が開く日であり一般的に1日からお盆である。この日を境に墓参などして、ご先祖様等をお迎えし始める。地域によっては山や川より里へ通じる道の草刈りをするが、これは故人が山や川に居るという文化に則り、その彼岸からお還りになる故人が通りやすいように行う。

七夕、棚幡 編集

7日は七夕であるが、そもそも七夕は棚幡とも書き、故人をお迎えするための精霊棚とその棚に安置する幡を拵える日であり、その行為を7日の夕方より勤めたために棚幡がいつしか七夕に転じたともいう。7日の夕刻から精霊棚や笹、幡などをご安置する。 なお、お盆期間中、僧侶に読経してもらい報恩することを棚経(たなぎょう)参りというが、これは精霊棚で読むお経が転じて棚経というようになった。

迎え火 編集

12日夕刻の野火を迎え火(むかえび)と呼ぶ。以後、精霊棚の故人へ色々なお供え物をする。 地域によっては、「留守参り」をするところもある。留守参りとは、故人がいない墓に行って掃除などをすることをいう。御招霊など大がかりな迎え火も行われる。

送り火 編集

16日の野火を送り火(おくりび)と呼ぶ。京都の五山送り火が有名である。

また、川へ送る風習もあり灯籠流しが行われる。山や川へ送る点は、釜蓋朔日で記したとおり故人が居るとされるのが文化的に山や川でありそのようになる。

なお、故人を送る期間であるが、16日から24日までであり、お迎え同様に墓参などをして勤める。

佛教では普通お盆は1日から24日を指す。 これは、地獄の王は閻魔王であるが、その王と対になるのが地蔵菩薩であり、24日の地蔵菩薩の縁日までがお盆なのである。(因に(天道)大日如来の大日盆はその縁日に則って28日である。)

盆踊り 編集

15日の盆の翌日、16日の晩に、寺社の境内に老若男女が集まって踊るのを盆踊りという。これは地獄での受苦を免れた亡者たちが、喜んで踊る状態を模したといわれる。夏祭りのクライマックスである。旧暦7月15日は十五夜、翌16日は十六夜(いざよい)すなわち、どちらかの日に月は望(望月=満月)になる。したがって、晴れていれば16日の晩は月明かりで明るく、夜どおし踊ることができた。

近年では、場所は「寺社の境内」とは限らなくなっており、また宗教性を帯びない行事として執り行われることも多い。典型的なのは、駅前広場などの人が多く集まれる広場に櫓(やぐら)を組み、露店などを招いて、地域の親睦などを主たる目的として行われるものである。盆の時期に帰郷するひとも多くいることから、それぞれの場所の出身者が久しぶりに顔をあわせる機会としても機能している。

ファイル:Shin-bon-paper lantern,shin-bon-cyochin,katori-city,japan.jpg

なお、新しく行われるようになった盆踊りは、他の盆踊りとの競合を避けるために、時期を多少ずらして行われることも多い。これは、新興住宅地などでは、「盆の最中は帰郷しており、参加できない者が多数いる」などの事情も関係しているものと思われる。また、宗教性を避けて「盆踊り」とは呼ばないこともある。しかしそれらが「盆踊り」の系譜に連なるものであることは否定しがたい。 また、同様のものとして彼岸の時期に行なわれるものを「彼岸踊り」と呼称する地域(関東~近畿一の一部)も存在する。

初盆・新盆 編集

また、人が亡くなり49日法要が終わってから最初に迎えるお盆を特に初盆(はつぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、特に厚く供養する風習がある。これも地方によって違うが、初盆の家の人は門口や、お墓に白一色の提灯を立て、初盆以外のお墓には白と赤の色が入った提灯を立てるなど、特別の儀礼を行う。

地域的な風習 編集

ファイル:Syoryou-uma,obon,katori-city,japan.JPG
ファイル:Bon-hune,syourou-bune,katori-city,japan.JPG

以下は、全国にあまねく広がっているとはいえないがある程度の地域では一般的な風習である。常識とされる地方もある反面、そういった風習が全くない地方もある。また、供えた供物を載せ川に流す風習のある地域において、近年は川を汚さないように流さなくなった地区もある。

地方によっては、お盆の期間中には、故人の霊魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物として、「精霊馬」(しょうりょううま)と呼ばれるきゅうりナスで作る動物を用意することがある。4本の麻幹あるいはマッチ棒、折った割り箸などを足に見立てて差し込み、とする。きゅうりは足の速い馬に見立てられ、あの世から早く家に戻ってくるように、また、ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、この世からあの世に帰るのが少しでも遅くなるように、また、供物を牛に乗せてあの世へ持ち帰ってもらうとの願いがそれぞれ込められている。

地方によっては「施餓鬼」(きこん または せがき)と呼ばれ、餓鬼道に陥った亡者を救ったり、餓鬼棚と呼ばれる棚を作り、道ばたに倒れた人の霊を慰めるなどの風習もこの頃に行われる。また、盆提灯と呼ばれる特別な提灯を仏壇の前に飾ったり、木組に和紙を貼り付けた灯篭を流す灯篭流しや、提灯を小船に乗せたようなものを川などに流す精霊流しを行う場合がある。 特殊な例として盛岡市では供物を乗せた数m程度の小舟に火をつけて流す「舟っこ流し」が行われる。

甲信越・東海地方では仏前に安倍川餅を供えるという習慣がある。

沖縄県では、現在(2008年現在)も旧暦でお盆が行われている。13日をウンケー(お迎え)、15日をウークイ(お送り)と称し、この間先祖の霊を歓待する。また独特の風習や行事が伝えられる。代表的なものに、沖縄本島エイサー八重山諸島アンガマがある。

お盆休み 編集

テンプレート:カレンダー 8月 お盆は、旧暦・新暦・月遅れいずれも、日本ではいずれも過去に祝祭日国民の祝日になったことがないが、新暦8月15日前後は平日であってもかなりの人が休日になることが多く、学校の児童・生徒であれば大多数は夏休み期間となる。祖先の霊を祭る宗教行事だけではなく、国民的な休暇、民族移動の時期としての「お盆」としての側面があり、仏教的生活習慣を意識していない場合にはお盆(旧盆)は単なる夏休みになっているが、全国的に大多数の人が墓参りをするのが恒例である。

この時期は、毎年4-5月の大型連休(ゴールデンウイーク)や年末年始とともに、帰省や行楽に出かける人が多い。このとき、道路や公共交通機関が大変混雑する為、帰省ラッシュと呼ばれる。ただし、大型連休や年末年始と異なり、カレンダー上は月曜日から金曜日に当たる日は通常の平日であるため、官公庁金融機関は通常通りの業務を行っており、一般企業でも平日という建前から、非生産部門を中心に業務を行っているところも多いため、このような場合では7月から9月の期間中に夏休みを取り、混雑や料金が最ピークの旧盆時期を避けて旅行などをしたりすることも多い。

企業の業務が休みとなる、いわゆるお盆休みは、その土地のお盆の期間に関わらず、日本全国どこでも8月中に行われるのが一般的である。日程は企業によって様々であるが、盆中日の8月15日を中心とする3~5日間とすることが多く、企業ではこのお盆休みを夏季休業としている。

ただ、前述のように、カレンダー上では月曜日から金曜日にあたる日は平日であるため、この時期にも官公庁や金融機関を始め、サービス業、24時間体制の工場病院など業種によっては通常通りの業務を行っており、観光業は書き入れ時、小売業スーパーマーケットなどは、来客用の食品を中心とした商品の販売に力が入る時期である。逆に自動車の販売店(ディーラー)は休業するところがほとんどである。このような旧盆期間中に平常業務が行われている業種では、夏季休暇相当分の日数(3~5日間)を6月から9月にかけて交代制で休暇を取る場合もある。

日本以外のお盆 編集

中国文化圏では、日本でいう旧暦7月15日のお盆(盂蘭盆)を中元節簡体字 中元节)と呼び祖霊にちなんだ祭が勤まれる。

地元の風習と習合しており、盂蘭盆といった場合には日本と同じく佛教行事としての意味合いが強くなる。

ちなみに、日本ではお中元のことを盆礼ともいうが、双方が同義なのは中国において盂蘭盆と中元節の祭が融合したためである。

よって、中元節(旧暦7月15日)のお盆時期に、日本ではお中元(盆礼)という意味合いでは他人へ贈答をして、お盆(盂蘭盆)という意味では祖霊などを報恩し、それらへ普段よりも多くのお供え物をする。

韓国ではお盆を「百中」と呼ぶ。 シンガポールでは主に中国系住民により「Hungry Ghosts' Festival」(飢えた幽霊の祭り)と呼ばれる、盆に相当する行事が行われ、京劇に似た演劇が無料公開される。

地方のお盆行事 編集

テンプレート:Seealso

北海道 編集

東北 編集

関東 編集

中部 編集

近畿 編集

中国 編集

四国 編集

九州・沖縄 編集

  • チャンココ踊り(五島市
  • 精霊流し(長崎県内各地)
  • お墓で昼間から花火(長崎県内の他、北部九州の海岸地帯でもよく見られる。)
  • エイサー(沖縄県内各地、旧暦で行う)
  • アンガマ(石垣市、旧暦で行う)

お盆に関連した作品 編集

文学 編集

編集

8月15日の他の風習 編集

関連項目 編集

テンプレート:Commonscat

脚注 編集

  1. テンプレート:Cite web
  2. 「おわら風の盆」の歴史、越中八尾観光協会ホームページ

外部リンク 編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツはお盆にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
ar:مهرجان_بون

de:Obon en:Bon_Festival fr:O-Bon id:Obon ko:오본 pl:Obon ru:Обон_(Праздник) uk:О-бон

Fandomでも見てみる

おまかせWikia