Fandom

Japan

たのしいのりもの

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

たのしいのりものは、1988年から1993年にかけて、日本ビクターが制作した幼児向け乗り物紹介オリジナルビデオ作品の総称である。

幼児向け絵本の題材として人気のある乗り物をビデオにしてみてはどうか、という着想から企画され、1988年10月に最初の3作品が発売された[1]。以後シリーズ化され、『でんしゃ』は22000本、『でんしゃ2』は15000本と高い売り上げを記録している[2]

登場するキャラクター 編集

各作品サブタイトル 編集

1988年発売シリーズ

  • たのしいのりもの でんしゃ

登場:ひかり、ロマンスカー、TGV、あずさ、パノラマエクスプレスアルプス、アーバンライナー、貨物列車、三陸鉄道、都電荒川線、山手線、中央本線、京浜東北線、総武本線、高崎線、横須賀線、京浜急行線、東急池上線、西武鉄道、東武鉄道、東急世田谷線、小田急線、都営新宿線、大阪市営御堂筋線、阪神電車、南海電車、近鉄電車、阪急電車、ポートライナー、ブルートレイン、蒸気機関車、ディーゼル機関車、登山電車、ラッセル車、跨座敷モノレール、懸垂式モノレール、ロープウェイ、ケーブルカー、リゾート21、リニアモーターカー

  • たのしいのりもの くるま
  • たのしいのりもの ひこうき・ふね

1990年発売シリーズ

  • たのしいのりもの でんしゃ2

登場:京王井の頭線、山手線、811系、西鉄8000系、京阪電鉄7000系、リゾートサルーンフェスタ、ゆふいんの森、北近畿タンゴ鉄道KTR200、エーデル丹後、エーデル鳥取、アクアエクスプレス、向ヶ丘遊園モノレール、熊本市電、広島電鉄、常磐線103系、ひたち、スーパーひたち、東武鉄道8000系、りょうもう、けごん、西武701系、レッドアロー、名鉄6800系、名鉄7300系、名鉄5300系、名鉄6500系、パノラマカー、パノラマデラックス、パノラマスーパー、熊本電鉄502形、熊本電鉄5000形、ロマンスカーSE、ロマンスカーNSE、ロマンスカーLSE、ロマンスカーHiSE、営団銀座線、営団丸ノ内線、営団有楽町線、営団千代田線、営団日比谷線、大阪市営御堂筋線、大阪市営谷町線、名古屋市営東山線、営団半蔵門線、やまぐち号、EF66、EF65、EF66-100番台、EF55、DE10、タンク車、無蓋車、小型タンク車、ホッパ車、コンテナ車

  • たのしいのりもの くるま2
  • たのしいのりもの しんかんせん
このシリーズよりお姉さん役が高井から野田にバトンタッチ。また各作品ともエンディングに劇団飛行船の紹介CMが収録されている。

1993年発売シリーズ

  • たのしいのりもの でんしゃ3~でんしゃオリンピック~
シリーズ最終作。このシリーズのみ、でんたくんの声が関川から鈴木に変更。

スタッフ 編集

  • キャラクターデザイン:タナカ・マサオ
  • 演出:千種茂
  • 制作著作:日本ビクター株式会社、株式会社ノバ・プロダクション

脚注編集

  1. 『読売新聞』1988年10月6日付夕刊9面。
  2. 『読売新聞』1992年6月9日付夕刊6面。

関連項目 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia