Fandom

Japan

ぱっち

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ぱっちは、腰から足首までを覆う男性用下着。名称は韓国語の「パジ」(바지、baji、ズボン型の韓服)に由来する。

ズボン型の衣服は、18 世紀には日本に定着していたと見られ、上方では丈の長いものを「ぱっち」、短いものを「股引」と呼んでいた。宝暦ごろから江戸でも流行し始め、木綿製を「股引」、製を「ぱっち」と呼んで区別した。当初のぱっちは必ずしも下着ではなかったが、現代では主に関西で、ズボンの下、トランクスブリーフの上にはく、木綿製または羊毛製のものを指して「ぱっち」と言う。

参考文献編集

  • 大江戸復元図鑑<庶民編>(笹間良彦、遊子館、ISBN 4946525548)P208~213
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツはぱっちにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia