Fandom

Japan

まじかるスピード

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

| Title = まじかるスピード | Genre = トランプゲーム | Plat = アーケードゲーム | Dev = アルュメ | Pub = ナムコ | Play = 1人 - 2人対戦 | Date = 1994年

まじかるスピード』は、1994年アルュメアーケード向けにリリースしたコンピュータゲームトランプゲームスピードを基にしたゲームであり、販売はナムコが担当した。

概要 編集

トランプゲームのスピードをストーリー仕立てとしてアーケードゲーム化したものである。対戦スタイルでCPUと対峙し、勝てば次の面に進む、対戦勝ち抜け面クリアタイプのゲームとなっている。なお、本作では面はステージと呼ばれる。

「場札4枚の選択」と「台札2枚の選択」の6ボタンからなる大型専用筐体を使用していた。両サイドに操作ボタンがあり、向かい合わせになって2人対戦プレイも可能である。

ゲーム内容 編集

ニコル(1P側)とクレア(2P側)が、何でも夢を叶えてくれるという「虹のカード」を探すというストーリーとなっている。易しい、普通、難しいの3種類の難易度選択があり、易しいモードのラスボスは普通モードのラスボスに、普通モードのラスボスは難しいモードのラスボスに「虹のカード」を送ってしまっているため、「難しいモード」をクリアしないと真のクリアとはならない。

基本的なゲームルールはトランプゲームの「スピード」そのものであり、手札および場札が先になくなった側が勝者となる。なお本作では以下のルールが採用されている。

また、コンピュータゲーム特有のフィーチャーとして、「お邪魔キャラ」の存在がある。連続して場札を台札に出すことに成功すると、相手に「お邪魔キャラ」を送ることが可能となる。「お邪魔キャラ」は場札に貼り付き、貼り付いている間はその場札に手札を出すことができなくなる。

各ステージで、対戦相手に負けるとゲームオーバーとなる。

操作方法 編集

「場札4枚の選択」を行う手前の4ボタンと「台札2枚の選択」を行う奥の2ボタンを使用する。

ゲーム開始時、場札4枚は自動で表示される。また、ゲーム開始時と「両者が台札に場札のカードを出せなくなった場合」には、掛け声と共に手札から台札にカードを出すが、その際も自動で行なわれ、操作は不要である。

カードが置いてある場札ボタンを押すと、場札の選択となり、選択されていることを示す枠がカード外周に表示される。場札が選択されている状態で台札ボタンを押すと、選択された場札を台札に置く操作となる。

場札を台札に置く操作を行った場合、場札と台札が隣り合った数であり場札を台札に置くことが可能である場合、場札のカードは台札に移動する。置けない場合、場札のカードは台札に移動せず、場札が一度台札に移動し、カードが台札から弾かれて場札に戻される演出が入り短いながらも一定時間のタイムロスとなる。

カードが置いていない場札ボタンを押すと、手札を場札に出す操作となる。もちろん手札が残っている場合にのみ有効であり、手札の残り数は裏返しになった手札カードに表示されている。但し、場札に「お邪魔キャラ」が貼り付いている場合、手札から場札に出す操作は無効となる。該当の場札ボタンを連打することで「お邪魔キャラ」を剥がし、その後になってようやく手札から場札に出す操作が可能となる。

登場キャラクター 編集

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。


プレイヤーキャラクター 編集

ニコル
1P側の男の子キャラクター。
クレア
2P側の女の子キャラクター。

易しいモード 編集

ローパー
モグラ
宇宙人
大木
易しいモードのラスボス。

普通モード 編集

クレア
マーメイド
ウィスプ
鳥人間
妖精
3体でセットとなっている。
岩男
精霊
忍者
火竜
普通モードのラスボス。

難しいモード 編集

ステージ1からステージ6には、普通モードのステージ4(鳥人間)からステージ9(火竜)が登場する。

ドッペルゲンガー
王妃
アンゴルモア
アンゴルモア(パワーアップ版)

外部リンク 編集

MAME

Fandomでも見てみる

おまかせWikia