Fandom

Japan

よさこい祭り

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

テンプレート:出典の明記 よさこい祭り(よさこいまつり)は、毎年8月9日の前夜祭、8月10日8月11日の本番、8月12日の全国大会と後夜祭の4日間にわたって高知県高知市で開催される祭り。前夜祭の行われる9日には、約4,000発の花火を打ち上げる高知市納涼花火大会も開催される。四国三大祭りの一つである。

祭り本番は市内9ヶ所の競演場・6ヶ所の演舞場で趣向を凝らした150以上のチーム・約1万5000人が演舞を繰り広げる。なお、「よさこい」という言葉の意味についてはよさこいを参照。

ファイル:Yosaiko-shoutengai.jpg

概要 編集

テンプレート:Jdate徳島阿波踊りに対抗する形で、高知商工会議所有志により第一回よさこい祭り開催。(第一回開催に先立つテンプレート:Jdate、南国高知産業大博覧会にてよさこい踊りが初披露されている。)祭りはパレード形式で開催されるが、地方車(じかたしゃ)と呼ばれるトラックにPA機器を搭載し、踊り子がその後ろに連なってよさこい踊りを舞い、各演舞場を順番に回っている。踊り子たちの衣装化粧(概ね厚化粧)は凝っている場合が多い。

祭りの発展には武政英策が大きく関係している。武政は、踊りに用いられる楽曲「よさこい鳴子踊り」を担当するのみならず、鳴子(作物を狙う鳥を追い払う農機具)を手に持って鳴らすことを思いつき、現在でもよさこい踊りの重要なアイテムになっている。また、当初のよさこい踊りは、現在「正調」と呼ばれる日本舞踊の振り付けを踏襲した盆踊りスタイルであったが、武政が楽曲の自由なアレンジを許したため、その後色々なバリエーションを生むことになった。現在ではサンバロックヒップホップ演歌フラメンコフラダンスなど各々のチームが趣向を凝らした楽曲と振り付けを披露し、伝統を色濃く残す「正調」とともに観客を楽しませている。

テンプレート:Jdate北海道札幌市YOSAKOIソーラン祭りが開催以降、「よさこい祭り」は「YOSAKOI祭り」として全国各地で開催されるようになった。戦後に発祥地から全国各地に広まった祭りとして、仙台七夕発祥の装置集約型の商店街イベントである七夕祭りがあるが、「YOSAKOI祭り」は踊りが中心であるため、装置集約型に比べて主催者側の支出が少ない参加者集約型の都市イベントであり、YOSAKOIソーラン祭りの成功以降、地元の民謡と鳴子を手にしたYOSAKOI祭りが急速に各地で普及している。(詳細はYOSAKOIを参照。)

それに伴い、よさこい祭りも、近年大きく変容してきている。踊りの振り付けが複雑で覚えるのが難しく、かつ激しい動きをするものが多くなり、中高年などはついていけない傾向にある。老若男女を問わず(観光客、地元民を問わず観客に飛び入り体験をしてもらう機会も含め)、楽しく踊りに参加できる形式への模索・実践が続いている。

高知市出身の広末涼子はこのよさこい祭りの時期によく帰郷し、今でもよさこい祭りで踊っている。その他、よく顔を見せている高知県出身者として島崎和歌子ソニン高知東生らがいる。

歴史 編集

  • 1950年(昭和25年) 南国高知産業大博覧会で「よさこい踊り」が披露される。
  • 1954年(昭和29年) 第1回よさこい祭り開催。
  • 1957年(昭和32年) 地方車を使用し始める。
  • 1959年(昭和34年) ペギー葉山の『南国土佐を後にして』大ヒット。これに連れて参加者も増加。
  • 1972年(昭和47年) ニースカーニバルに招待される。
  • 1991年(平成3年) 前夜祭スタート。
  • 1995年(平成7年) 後夜祭スタート。
  • 1999年(平成11年) よさこい全国大会開催。
  • 2003年(平成15年) よさこい祭りが第50回の節目を迎える。後夜祭と高知市納涼花火大会の日程が重なるためこの年から高知市納涼花火大会が8月13日に変更。

ルール 編集

  • チームあたりの参加人数は150人以下。
  • 鳴子を持って前進する振り付け。
  • 曲のアレンジは自由だが、よさこい鳴子踊りのメロディーを必ず入れる。
  • 地方車は各チーム1台(必須)。安全の確保、過度の装飾競争を防ぐ等の理由から、大きさ等の仕様に制限がある。

競演場・演舞場 編集

ファイル:Yosakoi performers.jpg
  • 競演場
    • 上町競演場
    • 升形競演場
    • 中央公園競演場
    • 本部追手筋競演場
    • 梅ノ辻競演場
    • 菜園場競演場
    • 知寄町競演場
    • 愛宕競演場
    • 万々競演場
  • 演舞場
    • 旭演舞場
    • 柳町演舞場
    • 秦演舞場
    • はりまや橋演舞場
    • 帯屋町筋演舞場
    • 京町演舞場

編集

  • 前夜祭(8月9日) 前年本番受賞チーム(地区競演場連合会地方車奨励賞を除く)と抽選で選ばれたチームが出場する。
    • グランプリ
    • 準グランプリ
    • ダンス賞
    • サウンド賞
    • ファッション賞
    • 審査員特別賞
    • 米子市長賞
  • 本番(8月10日・11日)
    • よさこい大賞
    • 金賞(3本)
    • 銀賞(3本)
    • 審査員特別賞(3本以内)
    • 地区競演場連合会奨励賞(9本以内)
    • 地区競演場連合会地方車奨励賞(3本)
    • 個人賞(各競演場・演舞場で授賞する。色々なバリエーションがある)
  • 後夜祭(8月12日) 本番受賞チーム(地区競演場連合会地方車奨励賞を除く)が出場する。
    • 武政英策賞
  • 全国大会(8月12日) 高知県外のチームが出場する。
    • 最優秀賞「輝」
    • 優秀賞「彩」
    • 優秀賞「粋」
    • 優秀賞「睦」
    • 優秀賞「艶」
    • 優秀賞「豪」
    • ペギー葉山賞(ペギー葉山の選出による特別賞)


よさこいの問題点 編集

利益の恩恵を受けることができるのは、よさこいに付随する業種(バス会社、レンタカー会社、衣料品美容室関係、ホテル業等)に限定されがちである。人口30万人の高知市内の繁華街に1万人以上の踊り子が結集して開催されるため、通行止めで交通渋滞が生じ、また商店によっては客が入らないことから、よさこい期間中は売り上げが落ちる等の問題も発生しているという声もある。

観客や踊り子の演舞以外のマナーの悪さも散見される。公共施設・公共交通機関等の使用の際のマナー、祭り終了後の飲酒等による過度の騒乱、ゴミの処理が一例である。 観客の中には、会場に乱入したり、演舞の進行を妨げる形で写真撮影する者が存在し、問題となっている。 2006年には、盗撮で逮捕者が出る出来事もあった。2007年には、踊り子を恐喝した代表者が逮捕される事件、地方車の荷台に乗っていた男性と小学生の女児が、鉄道高架橋の高さ制限を示す鉄製アーチにぶつかり重傷を負う事故があった。 近年出場チームの増加に伴い、路線バスの運行に支障をきたす事態が頻繁に発生する。 演舞は同時に行われるため、接近時の爆音とも言える音の洪水に興味を示さない住民の中には苦痛に感じる者もいる。特に入院者の多い医療機関等(慰安としての演舞が行われている場合を除く)付近での演舞をどうするかは喫緊の課題である。テンプレート:要出典 近年拡大する中で、交通渋滞・商店街の売り上げ低下・踊り子のマナーの悪さや金銭等のトラブルから、祭り公共性を疑問視して、個人が楽しむイベントと捉える厳しい意見もある。

関連項目 編集

外部リンク 編集

テンプレート:Commonscat

テンプレート:Event-stub

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツはよさこい祭りにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
en:Yosakoi

es:Yosakoi pt:Yosakoi zh:Yosakoi

Fandomでも見てみる

おまかせWikia