Fandom

Japan

ウィキペディアの課題

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

はじめに編集

ウィキペディアは大変情報に富んだサイトである。これは良いことである。しかしこれも人間がつくったものである。何らかの欠点、課題はあるだろう。ここではそうしたウィキペディアが克服すべき課題をまとめ非公式ながらウィキペディアと人類の発展を願い、貢献していくところである。有志の活躍を是非、期待したい。

専門性の低さ編集

ウィキペディアのある分野について考える。その分野に関して素人の閲覧者なら満足できる記事は多いだろう。そして今の話は全ての分野に関しても言えるのではないだろうか?それは一見満足できることではあるかもしれない。しかし、それでは結局は知識を求めるものに対してある点では閲覧者を侮辱しているおそれがある。実際、何らかの分野の専門家が満足できそうな記事はそうあるもではないであろう。

そもそもウィキペディアは原則フリーであり、それに関わる人は専門家や学者やアマチュアもしくは全くの素人であろうと「平等」に「利用者」として認識される。それはフリーのコミュニティを運営するにあたっては至極当然である。もしも専門家達がそうでない人を素人としてウィキペディアから排除しようものなら、ウィキペディアは今日の発展を見なかったであろう。

フリーで誰もが参加できるからこそウィキペディアはWeb2.0の代表格を得るまでに発展した。そしてフリーでオープンなシステムは他の情報サイトにはない評価すべき個性も得た。実際ウィキペディアを色々「探検」してみると頭のお硬い「学者先生」には思いもよらないサービスか各所に展開されている。これがフリー且つオープンなウィキペディアの長所といえよう。

ただ、長所は特徴でありそして、短所とも表裏一体の関係にある。ウィキペディアを編集している大半のユーザーはアマチュアであるといえる。実際「利用者」個々に割り当てられた自己紹介用のページから推測する限りは専門家が沢山いるとはいえない状況である。大半は「有志」のアマチュアが編集に携わっていると考えられる。編集の仕方からみてもそれは明らかであろう。

問題なのは現在のウィキペディアは「専門家」が「素人」を「駆逐」しているのではなく、「素人」が「専門家」を「駆逐」している感が強い点である。ウィキペディアの「フリー」や「中立性」といった理念がある種の専門家のプライドを傷つけているのかもしれない。そしておそらく専門家と名乗ろうものなら「ウィキペディアン」達に白い目で見られるおそれも大いにあるのだ。

残念ながら今のウィキペディアには専門家を受け入れる体制は立ってはいない。これは「専門家」にも「素人」にもお互いを受け入れ合うという意識が欠けているからである。項目数49万の現時点ではまだこのことは表立って問題にはなっていない。しかしいずれ今のままでは「肥大化」の時を迎え、「専門家」を受け入れる必要が出てくるかも知れない。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia