Fandom

Japan

エコ

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Anime stub.png ウィキペディア日本語版エコもご覧ください。

エコ(eco)とはエコロジー(「生態学」が原義)の略で、環境保全や自然環境への負荷を削減しようという社会的な運動や取り組み、思想をさす。エコロジー・ムーヴメント。時に「エコノミー」(経済、倹約、節約)の意味もこめられる。 また、語感の似ている「エゴ」(自我、利己)と対比されることもある。

マナーとのジレンマ編集

エコの観点からよいことされても、マナーの観点からはよくないと指摘されることもあり、せっかくのエコの一環としての行動も賛否両論があがることがある。

たとえば:

  • 洗面台にたんやつばを吐いて、水で流さず放置する。いちいち流すと水がもったいないからと思ってやった行動でも、他人がたんやつばを見ると嫌がるから水で流すように注意されることがしばしばある。
  • 給食の牛乳パックにストローをつけない。ストローなしでパックからラッパ飲みするのはよいマナーじゃないとして、保護者などからの反対意見もある。
  • 政界やビジネスにおいて、エアコンの温度を上げるため夏季のノー上着、ノーネクタイの軽装が推奨されているものも、国会の本会議や企業での特に重要な会議では上着とネクタイの着用を義務付けるなどの事例も多々あり、「クールビズ」への抵抗感はまだまだ残っているといえる。

このほか、衛生とのジレンマもある。たとえば2009年の新型インフルエンザ流行を受けて感染防止のための衛生管理の一環として、手洗いの後布タオルではなく使い捨てのペーパータオルを使用することが推奨されている。使い捨てが増えることで環境への負荷は若干増えるが、感染防止を優先させるべきであって、仕方ないことである。

トリヴィア編集

沖縄大学のサークル「エコキャンパスクラブ」では「エコ」に「奠個」という当て字を作っている。「奠」は訓読みで「まつ-る」と読み、「個をまつる」を意味し、「個」は生物学でいう「個体」に通じると考えられる。また、2006年には部員の一人が「エゴ」に「奠吾」という当て字を考え出した。

外部リンク編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia