Fandom

Japan

オーバーテクノロジー

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

オーバーテクノロジーとは、その時代・その世界の一般的な科学技術の水準を遙かに超えた技術のことである。

概要 編集

オーバーテクノロジーは、実際の考古学や現代科学の分野などで用いられる語ではなく、主にサイエンス・フィクション(SF)上に見られる語である。

いわゆるトンデモ説でも用いられることがあり、例えば「UFOの飛行原理」や「超古代文明の超科学」のほか「東側世界のサイ科学サイコトロニクス技術」などが「オーバー・テクノロジー」、即ち「超技術」という意味としてこの語が使われることが多い。関連書籍も出回っている(→トンデモ本)。

SF作品などでは主に地球外文明からもたらされたり、遠未来や超古代文明から伝えられた技術として登場する。これらは作品を面白くしたり、あるいは説明困難な実在しない技術を手っ取り早く作中に盛り込むために利用される。

前述の超古代文明などが登場する場合はロストテクノロジー(失われた技術)としての「オーバー・テクノロジー」が扱われる。この影響で、考古学や現代科学の分野で用いられる『ロストテクノロジー(文明の後退で発生した後世に伝えられていない技術)』という用語がオーバーテクノロジー的な何かだと誤解されるケースもみられる。

作中での扱い 編集

こういったSF作品では、一種の未来予測的な技術形態を作中に盛り込むために利用される。例えば以下のようなものは、現代科学の分野で概念としては存在しているが実用化には高い技術的ハードルが存在しているものを実現させ、物語の舞台やエッセンスとするために登場する。とくに既知の科学技術を前提に物語が構築されるハードSFでは正体不明なオーバーテクノロジーの解明に主題を据える作品も多いが、一方でスペース・オペラガジェットSFのような作品では「超科学の産物」が物語の前提として描かれる。

関連項目 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia