Fandom

Japan

ヒトツモノ

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ヒトツモノ社寺祭礼法会などで行われる神事・行事の一つ。稚児などの扮装した人あるいは人形がヒトツモノと呼ばれ、神幸行列などに加わるものと、何らかの儀式を行うものがある。一般的には一つ物、一ツ物などと表記されており、文献史料では一物、一者とも表記されていた。芸や所作があるわけではないため、いわゆる芸能的な要素は少ない。日本民俗学において依坐やその名残であるという説が定着しているが、元々は風流であるとの説もある。

概要編集

文献・絵画史料から馬長をヒトツモノと記した事例があることや類似した装束であったことが確認されており、起源は馬長にあると考えられている。馬長は祭礼において朝廷などが寄進した馬に乗る役目をもった風流で、祇園社御霊会などで行われていた。史料にヒトツモノが見られるようになるのは平安時代後期からで、『中右記』の宇治鎮守明神の記述などが挙げられる。田楽流鏑馬競馬相撲王の舞獅子舞などとともに行われていた事例が多く、王の舞と同じように、これら一連の芸能を構成する一つの芸能として平安後期の畿内の祭礼・法会でヒトツモノは成立し、中世に各地に伝播していったと考えられている。

一般的に童児が勤めること、などで移動することが多く、中には地面に足をつけることを禁忌としている事例があること、山鳥の尾羽や紙垂をつけたを被り、厚化粧で額にアヤツコを付けていることなどがヒトツモノの特徴として挙げられている。これらの特徴を幼童信仰の影響、地面に足をつけないのは神聖視されているため、装飾と化粧は依坐になるための道具と考察し、また神幸行列において重要な位置を占めていると考えられたことや芸を伴わないことなどから、依坐であるという解釈がなされた。この解釈のもとではヒトツモノという名称は一つ・少数を意味すると考えられている。

一方で、神幸行列などにおいて馬上であることは特別なことではなく、また装飾と化粧は風流でも見られるものであり、前述の特徴は宗教的な意味が特に強いものではなく、ヒトツモノは依坐ではなかったとの解釈もある。この解釈のもとでは、ヒトツモノという語は一番目立つという意味で、かつては流行した風流のことをヒトツモノと呼んでいたと考えている。流行の風流であった馬長をヒトツモノと呼んだが、それそのものがヒトツモノと呼ばれるようになり、後に各地で民俗変容が起き、依坐であると認識されるようになったと説明している。

行事編集

ヒトツモノ、あるいはヒトツモノであると考えられている行事が幾つかの地域で行われる。

人(主に少年)がヒトツモノとなる事例
人形がヒトツモノとなる事例

関連項目編集

参考文献編集

  • 日本の祭り撮影ガイド(萩原秀三郎、朝日ソノラマ、1976年)P94~98
  • 祭りと年中行事(直江廣治、桜楓社、1980年)p29~30
  • 絵巻 子どもの登場―中世社会の子ども像(黒田日出男、河出書房新社、ISBN 978-4309611518)P104
  • 精選 日本民俗辞典(吉川弘文館、ISBN 4642014322)P450~451
  • 日本民俗事典(大塚民俗学会、弘文堂、1972~80年)P599~600
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツはヒトツモノにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Event-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia