Fandom

Japan

フラッシュ倉庫

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

フラッシュ倉庫(フラッシュそうこ)とは、インターネット上に散らばる様々なFlashや「面白画像」、「面白動画」などのリンク集を持つサイトのことであり、多くは利用者のリンク登録によって成り立っている。

概要 編集

“保管”してある作品は面白さを狙ったものがほとんどであるが、見るものを怖がらせるタイプの作品や、簡易ゲーム、他の動画をサンプリングした動画など、多種多様である。通常倉庫に保管してある作品は無料ですぐに見ることができ、オンラインゲーム等の登録が必要とされる作品や有料の作品を保管しているフラッシュ倉庫は数少なく、オンラインゲームや「恐怖系Flash」だけを置いてある倉庫や、18禁フラッシュだけを置いてある専門的なサイトは稀である。サイトにより、掲示板やチャットを設置されており、ユーザー同士の交流要素もあった。

フラッシュ倉庫は、2003年2005年2ちゃんねるを主な活動場所としたFlash職人の作品を中心に集められ、手軽な娯楽として大いに利用された。しかし、2ちゃんねる以外にも大きな広がりを見せるかと思われたこのムーブメントは、その後一気に沈静化した。原因としてはFlashの著作権問題に触れる作品が次々と削除されたために作品自体の数が減った、作品の高度化肥大化が進み制作・鑑賞ともに気軽な作品の数が減った、「のまねこ問題」などの商業利用問題、YouTubeニコニコ動画等の動画投稿サイトに役割の多くが移りユーザーの関心が無くなった、などが挙げられている。

このため現在は殆どのサイトが更新停止で非常に廃れた状態であると言える。

末期では形式をブログに移し、面白画像や動画サイトからの動画(アニメなどを含む)を載せ、かつてとは内容が変わってきていたサイトも多数存在した。この形式のものは現在でも更新を続けていて利用者も残っている所もある(ただしこれらのブログはフラッシュ倉庫と言えないかもしれない)。

現在、どのサイトが元祖なのかは判っていない状態である。

問題点 編集

フラッシュ倉庫は誰でも簡単に登録できるために、嫌がらせを目的とした人々が出会い系サイトアダルトサイト、またはブラウザクラッシャーワンクリックサイトなどといった悪質なサイトを登録し、初心者が間違って開いてしまうなどといったことがしばしば起こる。また、管理人が放置し、前述のようなサイトが大量に登録されてもはやフラッシュ倉庫と呼べなくなったサイトも存在する。ただし管理人自らが宣伝欄を設け出会い系サイトやオンラインゲームなどを登録したり、大量のバナー広告など、サイト構成もアダルト系サイトと似た傾向のあるものが多い。

また倉庫運営者、倉庫利用者ともに著作権的なリテラシーあるいはモラルが低く(低年齢ユーザーが非常に多かったのも原因)、無断転載や作者のサイトのSWFファイルへのディープリンクが多く見られ制作者側から嫌がられることが多かった。 登録される作品も、権利者に無断で楽曲や画像を使用したいわゆる「黒」と言われるものが多い傾向にあった(ただし、元々そういう作品がフラッシュ界に多かったと言われ、それがフラッシュを衰退させる原因になったとも言われる)。

そのためフラッシュ倉庫がFlash作品・作家を低俗なものであるという印象を与え、Flashを広めるという意味からは、必ずしも良い効果を上げたとは言えない。

もちろん、これらの問題を極力少なくし純粋に良い作品を選出し紹介していくことを目指しているフラッシュ倉庫も存在する。

倉庫でよく割り当てられているジャンル 編集

など

関連項目 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia