Fandom

Japan

ヘチマ

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Anime stub.png ウィキペディア日本語版ヘチマもご覧ください。

ヘチマ糸瓜天糸瓜、学名:Luffa cylindrica (L.) Roem.)は、インド原産のウリ科の一年草。また、その果実のこと。日本には江戸時代に渡来したといわれる。

語源編集

もと「糸瓜」の漢字の通りに「いとうり」と呼ばれた。これがなまって「とうり」となり、頭文字の「と」を取って、いろは歌で「と」は「へ」と「ち」の間(ま)にあることから「へちま」と呼ばれるようになった。

概要編集

食用編集

日本では九州南部、沖縄では食用される。日本以外では、台湾や中国南部で食され、小籠包の具などに用いられる。

広東糸瓜共和国は、中国の広東でヘチマを食べる習慣があるために生まれたジョークだという説がある。

食用以外編集

繊維が多く、本州を中心にたわしの材料などに用いられる。たわしに用いられるが、食用とする習慣がない本州では、ヘチマは食べ物だという認識がない。

沖縄方言でヘチマは「ナーベーラー」と呼ばれ、「なべ洗い」に由来すると言われており、食用以外になべを洗うための道具として使われたという説がある。

その他編集

  • 「わけもヘチマもあるか!」などのののしり言葉として使われることもある。

関連項目編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia