Fandom

Japan

マスメディアの戦争責任

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

マスメディアの戦争責任(マスメディアのせんそうせきにん)とは第二次世界大戦に於いて当時の日本の主要な新聞等のマスメディアが開戦に関与し此れを翼賛したという責任と問うというもの。主に主張されているのは新聞が日本の軍事力を過大評価し国民を開戦へ扇動した事、戦時中に兵士や国民に生きて捕虜にならず自決する様に感化させた事である。こういった論説を主張した原因としては戦時中に軍部から圧力・意向を受けたというもの以外に当時の国民感情に迎合し自社の新聞の発行部数を増す為だったとも言われる。唯、現在は当時の主要なマスメディアに対し戦争責任を問う国民意識は低く、当時から存在してきた既存のマスメディアもその責任を問おうという動きは自己批判に繋がることを危惧している為か決して活発的とはいえない。唯、近年に入りインターネットが普及・発達してきた事でウェブサイトブログ又はメールマガジン等で一部から当時のマスメディアの戦争責任を問う動きが活発になってきてゐる。又、所謂「天皇の戦争責任」追求派に対抗・天皇を護持するという目的で「マスメディアの戦争責任」を主張される事も在る。

参考文献 編集

  • 安田将三、石橋孝太郎(共著)『朝日新聞の戦争責任』(太田出版)

参考項目 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia