Fandom

Japan

メタルギアソリッド ポータブル OPSの武器一覧

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

この項目は、コナミより発売されたPlayStation Portable用ゲームソフト『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』に登場する武器の一覧である。

ナイフ系 編集

大振りのサバイバルナイフ。威力は低いが突きの威力は高い(ほぼ一撃で死亡)。

ナイフ。刃を撃ちだすことが可能だが威力は低い。それ以外はサバイバルナイフと同じ。ただし1回の所持数に限度がある。

  • マチェット

ヌルの固定装備。威力が刃物類で一番高く、3連繋げるとほぼ確実に相手のHPをなくすことが可能。ただし振りは遅い。 ステルス迷彩を使うと、この武器だけは一緒に見えなくなる(他の武器は消えない)。

  • ボウイナイフ

ジーンの固定装備。ロック中か、主観カメラで攻撃ボタンを押すとナイフを3本投げることができる。一発あたりの威力は低いが連続投擲が可能。刀身に無限と書かれている通り、無限に投げられる。それ以外はナイフと同じ。メタルギアRAXAに対しては絶大な効果を持つ。

ハンドガン系 編集

メタルギアソリッド3』(以下『MGS3』)にも登場した麻酔銃。サプレッサーが装着されているが、取り外すことはできず、30発で壊れる(ミッションが終了すると耐久度は回復する)。麻酔弾を撃ち出すため敵を殺すことはできないが、ノーキルクリアに役立つ武器。ゲーム開始直後から入手でき、弾薬も比較的入手しやすい。オンラインでは1発150スタミナダメージ。イベントがない状態の市街地の敵兵が必ず一人所持している。

『MGS3』にも登場した拳銃.45ACP弾を使用。7発装填。連射性能はやや高めで、こちらも弾薬を入手しやすい。また、この銃を持っている兵士が多く、簡単に入手できる。『MGS3』ではサプレッサーが装着可能だったが、本作ではサプレッサーは装着できないため、銃声に気を遣う必要がある。

『MGS3』にも登場した回転式拳銃。.45LC弾を使用。6発装填。オセロットの愛用している武器である。威力はM1911A1に劣るが連射性能に長けており、スキル次第で跳弾する。隠れている敵にも攻撃しやすい。しかし、跳弾するという特性と、連続で命中した場合のダメージ増加がある。弾薬は手に入りづらいが、性能は優れている。リボルバーゆえに装填速度が遅いのが欠点だが、クイックチェンジをすることで即座に装填が可能。なおこの銃を装備していると他のハンドガンを装備している時とは格闘アクションが異なったものになり、最後の一撃は敵を大きく吹き飛ばす効果がある。装備時は普通に持たず腰に隠し持っている。本作では構えながらの移動が可能である。

サブマシンガン系 編集

初登場。威力はM1911A1よりも低く、連射性能が高いので弾切れを起こしやすいものの、性能が優れており、威力はサブマシンガン中一番高い。近距離からのヘッドショットは簡単にできる。多少入手しづらいものの性能で補っている。入手時期が遅いのが欠点だが、オンラインでも十分通用するレベル。9×19mmパラベラム弾を使用し、装弾数32発。

初登場。威力が高く、反動が大きい。サプレッサーを標準装備しており、消音効果を持っている。装弾数も多いので結果的な性能はウージーよりも高い。ウージーと同じ弾薬を使用する。入手時期が遅いのが欠点。 また、ヌルも使用している。

『MGS3』に引き続き登場。入手時期がとても早く、簡単に手に入る。また、レーザーサイトが標準装備されているため、ヘッドショットが容易。威力は平均的だが、弾薬がとても多く入手できるので序盤の主力になる。装弾数30発。

アサルトライフル系 編集

初登場。序盤で入手できるうえ、性能は高い。ただし、後に手に入るXM177E2を入手した後はほとんど使わない武器になる。序盤ではVz61に次いで使用場面が多く、威力もそこそこ。弾薬も序盤から豊富に手に入るため、結果的には多く手に入る。5.56mmライフル弾を使用し、装弾数20発。

初登場。中盤以降入手できて、反動はM16A1と同程度(サプレッサー非装備時)。威力は高く、サプレッサーも標準装備なので、ヘッドショットも楽にできる。ただし入手が非常に難しい。装弾数20発。

『MGS3』にも登場。集弾性能は悪いがそれ以外の性能は優れているアサルトライフル。威力はアサルトライフル中最高だが序盤から使用可能でAPスキャンなどで手に入る兵士の多くが持っている。装弾数30発、7.62mmライフル弾を使用する。一発あたりの威力はM16A1よりも上。

ショットガン系 編集

『MGS3』にも登場。目立ちにくい場所に置いてあるため、見つけにくいが、至近距離からの威力は優れている。早い時期に入手可能だが、ショットガンゆえに射程距離が短く、遠距離だと威力がかなり落ちてしまう。シールドを持った敵兵には防がれてしまうが、ほとんどの敵兵を吹き飛ばすことが可能。4発装填、12ゲージショットシェルを使用する。

初登場。基本的な性能はM37の強化版で、ほぼすべての性能が上昇している。装弾数が上がり、扱いやすいうえに入手しやすいが、M37より若干威力が落ちている。装弾数7発、12ゲージショットシェルを使用する。

ライフル系 編集

『MGS3』にも登場。オートマチックスナイパーライフル。威力は高く、連射性能にも優れている。遠距離からの狙撃がしやすい。入手も比較的早く、性能も優れているため使いやすい。弾薬は少し手に入りにくい。7.62mmリムドカートリッジを使用、装弾数10発。

『MGS3』にも登場。ボルトアクションスナイパーライフル。麻酔弾を発射するタイプで、一発ごとにボルトアクションが必要。判定が甘い。7.62mm麻酔弾を使用、装弾数5発。

重火器系 編集

『MGS3』にも登場。一発ごとにリロードが必要だが、効果範囲は広い。威力も優れ、集団でまとまっている場所で非常に有効。本来は対戦車兵器。85mmHEAT弾を使用、装弾数1発。主に対メタルギアRAXA戦で使用する。

  • M63

『MGS3』にも登場。連射性能が高い軽機関銃。目立ちにくい場所に置いてあるため、見つけにくい。威力はアサルトライフルと同程度で総合的な威力は高め。ただし命中精度が非常に低く、至近距離からの射撃に向いている武器である。対カニンガム戦で、フライングプラットフォームの高度を下ろすのに役立つ。ストーリーモードでは至近距離で撃つと死亡時に相手が吹き飛ぶ。リロード時間が長いのが欠点だが、クイックチェンジでカバーが可能。装弾数100発、5.56mmライフル弾使用。

  • Laser(レーザー銃)

カニンガムの固定装備。一発あたりの威力は低いが連続で撃ち出せる。装備すると主観視点に固定され、その大きさゆえ移動も不可能になるが、レーザーサイト装備のため、照準は容易。弾薬の補充はできないため、弾を使い切ると使えなくなる。

投擲武器系 編集

手榴弾。すべての作品で出てくる。威力は高く、入手しやすい。投擲武器なので少し扱いにくいが、集団の敵に有効。本作では無力化されていない敵がMAP内に存在する状態で爆発が起こると危険フェイズになるという『メタルギアソリッド2』以前の仕様に戻っている。

閃光手榴弾。スタミナの低くなった敵を気絶させることができる。入手数も比較的多いので使う機会は多くなる。これまでの作品とは異なり、爆発音は敵には聞こえず、直接敵を巻き込まない限りは何度使っても警戒フェイズにならない。

  • チャフ・グレネード

電波妨害手榴弾。一定時間監視カメラや無線機の機能を妨害することができ、オンラインではプリセット無線とフルトンを無効化することが可能。ただし入手数はわずか。爆発音は敵には聞こえない。

煙幕手榴弾。一定時間敵の視界をさえぎったり、怯ませたりできる。犬に対しては嗅覚を封じ、索敵を無効にできる。『MGS3』では煙の中に留まっていると咳き込んでしまったが、本作では行動を封じられることはない。ただし、『MGS3』よりも煙の有効範囲と効果時間が短く、すぐ煙が消えてしまうため、使い道はほとんどない。スモークの範囲内ではロックができなくなるという効果もある。爆発音は敵には聞こえず、直接敵を巻き込まない限りは何度使っても警戒フェイズにならない。

  • リキッドニトロゲン・グレネード

液体窒素手榴弾。パイソンの固定装備で弾数は無限。相手の武器を一定時間凍らせる手榴弾。スタミナへも高いダメージを与え、スモークグレネード同様の視界遮蔽効果がある。プレイヤーにも影響があり、範囲内にいると武器が凍り、スタミナダメージも受ける。爆発音は敵には聞こえず、直接敵を巻き込まない限りは何度使っても警戒フェイズにならない。 オンラインでは、フレンドリーファイヤーを「あり」に設定していると、自分や味方の武器も凍る。

その他 編集

  • TNT

トリニトロトルエン。プラスチック爆弾で、威力は強力。ストーリーの進行上必ず入手する。本作では同時に1つしか仕掛けることができず、主にミッションで利用する。オンラインではフレンドリーファイヤーなしの場合ハメ技が可能。

対人指向性地雷。威力は高く、前方の方位に大ダメージを与える。ただし後方の敵には無意味。ゆえに敵の目の前で仕掛けても一応は安全(ただし後方でも至近距離で爆発すれば爆発の衝撃で多少吹き飛ばされる)ホフクで近付くことで起爆を防ぎ、上を通過すれば回収できる。直接撃って起爆させることも可能。

マガジン。中にはEVAの姿が見える。使用すると男性キャラクターの気を引き、一定時間行動を封じる。本作では非戦闘員に対しても有効。女性キャラクター、芸術家のキャリアを持つキャラクターには効果がない。

  • シールド

盾。一定ダメージまで銃弾を防ぐことが可能。ただし、グレネードなどの爆風は防ぐことができない。

  • ガーコ

ぜんまいでトコトコ歩く人形。敵を引き付けることが可能。従来の空弾倉に相当する武器。かなり貴重なアイテム。ストーリーモードでは重宝するが、オンラインではまったく役に立たない。

  • ボディアーマー

シギントの初期装備にある。ヘッドショット以外の被弾によるダメージを軽減できる。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia