Fandom

Japan

コメント0

なぜ日帝本国人は弱い者いじめが好きなのか

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

なぜ日帝本国人は弱い者いじめが好きなのか。

戦前・戦中の中国人民や韓国朝鮮人民への残虐行為や社会主義者への弾圧をはじめ、現在でも極めて盛んな学校や職場などにおける陰湿ないじめ、ウヨ(特にネットウヨ)による外国人いじめ(外国人差別)、そして女子高生コンクリート詰め殺人事件や栃木リンチ殺人事件のような日帝本国人のいじめ好きな性質が極度に増幅されたような陰惨極まりない事件など、挙げたらきりがない。

私はこう考えている。「場の空気」なる言葉からも窺い知れるように日帝本国人は過度に集団主義的な国民性を持ち、かつ集団心理に陥りやすいことから、「みんなでやればこわくない」などという考えに陥り、ひとりひとりの残虐性が増幅されるのではないかと。そして、その狂気が一人もしくは少数の非力な相手に対して向けられるのである。

ところで、いじめといえば以下のようなスレッドが2ちゃんねるにあった。

面白がるか悪態をつくかばかりで反省がまったく見られないのは極めて遺憾である。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia