Fandom

Japan

コメント0

ウヨ歪曲劣悪百科事典ウィキペディア

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

私は革命家であると同時に反ウィキペディア活動家でもある。理由はウィキペディアというサイトに心底から失望したためである。

ウィキペディアでは24時間365日、昭和天皇やヒトラーを思わせる独裁者まがいの管理者連中が居座っては一般利用者に対し管理者権限を横暴に振りかざしている。その様子はまるでナチスのホロコーストである。

おまけにこの管理者連中はその多くがネット右翼で構成されている疑いが強い。例えばこの管理者どもは、左派ユーザーに対してはボットを使用してまで差し戻しや投稿ブロックを乱発する一方、ネット右翼が歴史や政治に関する記事を偏向した内容に改竄しても黙認し、何の対処もしないなどのダブルスタンダードを当然のように行っている。その結果、右翼的な視点に偏った記事ばかりが放置されて蓄積していき、こんにちのような「ウヨ歪曲劣悪百科事典」が形成されたのである。このことからもウィキペディアの管理者はネット右翼で構成されていると疑うには充分である。

私はかつて、反ウィキペディア活動家のひとりとしてウィキペディアに対する実力行使をしたことがある。その昔、おとなしく穏健に活動をしていた頃の私を、管理者どもが訳のわからない理由をつけて不当に弾圧した。そして、その報復の一環として「革命家・世界人民革命」を名乗り、ウィキペディアへの攻撃を仕掛けたというわけである。

だが、やはり連中は私を「ただの荒らし」と決めつけ、またしても武力弾圧した。結局、奴らには何を言っても無駄なのである。だから私はあのゴミ溜めのようなサイトには心底から幻滅した。

あのようなウヨ歪曲劣悪百科事典は存在してはならない。今こそ、万国の反ウィキペディア活動家が団結し、一斉にサイバー攻撃を仕掛けてでもウィキペディアを滅ぼすべき時に来ている。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia