Fandom

Japan

コメント0

女性専用車両とは男性差別車両のことである

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

今回は、日帝本国に存在する男性差別の代表例のひとつ、女性専用車両(フェミナチ車両)についての話である。

女性専用車両とは、「痴漢対策」の名目で導入された車両のことで、すべての男性を痴漢犯罪者とみなして排除する悪辣な男性差別車両だ。通称は「女性占用車両」「女性占領車両」「フェミナチ車両」「アパルトヘイト車両」など。

「痴漢対策」との名目で導入されているが、各種資料によると、痴漢発生件数は女性専用車両導入前とほとんど変わっていないという事実が明らかになっている。女性専用車両があるにもかかわらず一般車両に乗る女性もいるのだから、男女が乗る車両を徹底的に区別しない限りは電車内での痴漢行為がなくならないのは、馬鹿でなければ少し考えるだけでもわかることである。

本気で電車内での痴漢犯罪をなくしたいと思うなら、女性専用車両だけでなく男性専用車両も設けて男女が乗る車両を徹底的に区別すべきである。そうすることで、痴漢はもちろんのこと、女性専用車両と同じく男性差別の代表例として挙げられる痴漢冤罪もなくすことができる。

男性専用車両を設ける意志がないのなら女性専用車両は痴漢対策にすらならない単なる男性差別車両なので、即刻廃止すべきだ。日帝本国とは違い、韓国や台湾では男性からはもちろん女性からも「性差別につながる」として抗議が殺到し、女性専用車両の廃止が決定した。にもかかわらず、国内でも男性団体からの抗議があることに目を向けもせず、女性専用車両を廃止しようとしない男性差別国家、それが日帝本国である。

日帝本国人は、自国の旧植民地人だからと侮らずに韓国人民や台湾人民を見習い、女性専用車両という名の男性差別を撲滅するか、あるいは男性専用車両も設けて平等化するかのどちらかを選択すべきだ。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia