Fandom

Japan

コメント0

男性差別国家日帝本国

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

日帝本国は、女性専用車両やレディースプラン、痴漢冤罪など数々の男性差別が溢れかえる男性差別国家である。

日帝本国に於いては、女性差別ならどんなに小さなことでも大きな問題として取り上げられる環境が既に出来上がっているが、一方で男性差別に関しては問題視される環境が未だに出来上がっていない。これは、痴漢冤罪のような特に重大な人権侵害であっても同様である。

同じ先進国でも欧米諸国の場合は徐々に男性差別が問題視されるようになってきているのに対し、多くの日帝本国人は未だに男性差別を問題視しようとしない。非常に多くの男性差別が日帝本国社会に蔓延しているのが実情であるにもかかわらず、である。

私はこの現状を異常だと断言する。正直なところ、男性差別の存在に未だにまったく気付いていない者どもはどこまで鈍い神経の持ち主なのだと思う。

だからこそ私は自身の思想信条のひとつとして「男性差別反対」を掲げ、こうして活動しているのである。

私のブログを読んでいる良識的人民諸氏も是非この機会に男性差別問題について考えてほしい。そして、「これは男性差別だ」と思ったことはネット上だけでもいいから万国の人民に向けて情報発信してほしい。これらひとつひとつの行動が男性差別の撲滅につながっていくのである。

なお、私のリンク集にも男性差別反対サイトがいくつか掲載されているので良識的人民諸氏には是非閲覧して男性差別問題について知ってもらいたい。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia