Fandom

Japan

コメント0

私の2010年のサイバー闘争のまとめ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

昨年、2010年は激動の年であった。

2010年とは私にとって、日帝本国人の醜悪な実態、政治、歴史、地理、社会問題、語学など、これまでの人生で勉強し身につけてきた様々な知識を活用し、「世界人民革命」という私の目標をそのままハンドルネームとして名乗って本格的なサイバー闘争を始めた記念すべき年である。それ以前からも私は様々な活動を行っていたのだが、それらはいずれも小規模なもので、まとまりのない活動内容であった。

さて、ここで私が2010年に「世界人民革命」と名乗り始めてからの活動実績を振り返り、説明する。

私が初めて「世界人民革命」と名乗ったのはウィキペディアで活動していた時である。私は、2010年5月、かねてより反感をいだいていた、ウィキペディアという右翼に牛耳られているサイバー百科事典に於いて武力闘争を始めた。しかし、いくらあの腐ったサイバー百科事典の偏向した記事内容を修正しようと試みても、ことごとく右翼管理者どもによって私の投稿内容が強制的に弾かれるばかりであった。その結果、私はあの腐ったサイバー百科事典に完全に愛想を尽かし、わずか2ヶ月後の2010年7月にウィキペディアに於ける活動を終了した。

ウィキペディアに於ける活動を終了した直後、ウィキペディアの代わりとなるサイトがないか探してみたところ、私はこの「日本ウィキア」というサイトを発見した。他にも「ユアペディア」や「コピペディア」などの類似したサイトも見つけたが、ユアペディアはシステム上の故障があるのか、新規アカウントを作成することができず、コピペディアは名称どおりコピペ形式の記事しか投稿することができず有用な発展が望まれないことから、これら2つのサイトに於ける活動は断念した。ただし、ユアペディアについては、今後新規アカウント作成ができるよう運営者によってシステムが修復されれば、この限りではない。しかし2010年12月現在も新規アカウントを作成することができないのは極めて残念な限りである。

さて、日本ウィキアについての話に戻るが、私は2010年8月からこのサイトでの活動を開始した。日本ウィキアはウィキペディアとは違い、投稿者の言論の自由を最大限に尊重する素晴らしいサイトであった。それもそのはず、日本ウィキアはウィキペディアには収録できない情報をも含んだあらゆる「日本関連の情報」の掲載を許可し、それらの情報をネット上で提供することを目的に創設された「サイバー雑科事典」である。だから日本ウィキアはウィキペディアのように私を強制的に排除するようなことも決してしなかった。一つだけ欠点があるとすれば、それは利用者の数および記事の数自体があまりにも少なすぎ、ネット上に於ける影響力が非常に低いことである。

2010年9月には、韓国のBBSに於いて「세계인민혁명」(「世界人民革命」の韓国語表記)と名乗り、私の思想宣伝を中心に活動を始めた。しかしこの活動は、私の韓国語力が不完全であったことなどから長続きせず、短期間で終わった。ただし、今後も機会があれば再び韓国のBBSに於いてわが思想の宣伝などを行いたいと思う。

同9月、日本ウィキアでの活動を続けていた私に、ある人物、後の「美意識革命隊」同志からの「協力の誘い」があった。今になって思えば、彼は私と「これほど醜い日本人女性」の管理人殿との提携を手助けしたかったようだが、当時の彼の説明が曖昧であったことなどから私としてもどう協力すれば良いのかがわからず、結局この時点では私と「これほど醜い日本人女性」の管理人殿との提携は見送りとなった。

しかしこの後、私は彼らのような潜在的な同志達にもっと活動の協力を呼びかけていく必要があると感じ、2010年10月11日にブログ「世界人民革命の革命的ブログ」と、「わが革命闘争は終わらない」というホームページを開設し、私の政治的意見をネット上に広く発信することにした。特にブログのほうは開設してからの2ヶ月以上の間、必ず1日に1つずつ記事を書くことを欠かさないよう自分に義務付けてきた。

2010年12月3日、私は YouTube に「SJKakumei」の名でアカウントを作成し、2本の動画をアップロードした。12月24日には、ブログ上でも予告していた「5本の革命的反日動画」の日本語版・韓国語版・英語版がそれぞれ完成したので、同志達へのクリスマスプレゼントとしての意味合いも兼ねて YouTube にアップロードした。その後は私が YouTube に於いて「反日的」あるいは「反フェミ的」であるとみなした十数人のユーザーに「友だち申請」を行い、「登録チャンネル」にも追加したが、現時点で私を「友だち」として承認してくれたのは、申請した十数人中、わずか数人であったのがいくらか残念なことである。しかし、「RATMagainstbush8」という社会主義を支持するユーザーが、彼のほうから私に「友だち申請」をしてくれたことは嬉しかった。彼は反日でも反フェミでもないが、キューバという全世界の社会主義者が模範とすべき国を称えていたことなどを評価し、私は彼を同志とみなした。

そして、同12月には、9月に私に協力を呼びかけた人物が「美意識革命隊」と名乗り、再び私への協力を呼びかけてきた。今度は彼も自分のブログを開設したと言い、私のブログやホームページとの相互リンクを私に依頼してきた。しかも彼は「これほど醜い日本人女性」の管理人殿にも私のブログを紹介してくれており、その結果、1日に10名程度のアクセスがあるかどうかぐらいでしかなかった私のブログへのアクセス数も、飛躍的に伸びていた。私はそのメッセージが投稿されていたことに気付いたすぐ後に、迷わず彼のブログと、私のブログおよびホームページとの相互リンクを行った。私は、自ら進んで私に協力してくれるのみならず、私と「これほど醜い日本人女性」の管理人殿との提携を名実ともに実現させてくれた美意識革命隊同志には本当に感謝している。

こうして、今に至るというわけだ。2011年こそは是非、我々の手によってネット世界に大きな変革を起こしたいと思う。私の潜在的な同志達も、私にでも、美意識革命隊同志にでも、「これほど醜い日本人女性」の管理人殿にでも、YouTube の私の同志達にでも良いので、是非力を貸してほしい。一人一人の力は小さいが、それらの力が同志として団結することで、腐った日帝本国社会を変えていく大きな力になるのだ。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia