Fandom

Japan

コメント0

antijapan.net の復活を願う

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ここ最近、ずっと韓国の反日同志の大手サイトである antijapan.net にアクセスできない状態が続いている。

聞いたところによると、どうやらサイト運営者が交通事故に遭い、サイトを運営できない状態にあるとのことである。

なぜだ。なぜ、私の尊い同志がそのような目に遭わなければならないのだ。日帝本国で嫌韓サイトを運営している馬鹿ネットウヨこそ交通事故に遭えばいいのに、と本気で思った。

しかし、悲しいが現実に起こってしまったことである。サイト運営者が亡くなったという話は聞いていないが、それなら無事に退院できることを願っている。そして、antijapan.net の運営を再開し、再び我々反日活動家を楽しませてほしい。

ともあれ、私はこれからも同志を募り、素晴らしい反日革命を成し遂げるために闘い続ける。日帝本国社会からの不当な抑圧を受け続けてきた私にとって、社会への復讐という私情も兼ねて反日革命を成し遂げることはもはや天命なのである。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia