Fandom

Japan

ワ行音引き置き換え音

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ワ行音引き置き換え音(わぎょうおんぴきおきかえおん)とは、日本語音韻論の用語。

概要編集

「わ」の前に母音の/a/が来た場合、「わ」を発音せず、母音/a/を伸ばして発音する現象。各地の方言で見られるほか、標準語を話している場合でも無造作な発音をした場合現れることもある。インターネット上でその発音に基づいた表記がしばしば見られる。(例:「かわいい」→「かーいい」、「やわらかい」→「やーらかい」)

要因編集

歴史的には「唇音退化」と「ハ行転呼」がかかわっている。語中および語末のハ行の子音が音韻変化によりワ行の子音/w/で発音されるようになり、後にア段以外では音素/w/は失われ、語頭以外の「ひ、ふ、へ、ほ」は多く「イ、ウ、エ、オ」で発音されるようになり、ハ行の仮名の前の仮名の母音が同じで連続した場合、前の仮名の母音を伸ばし長音として発音されるようになった。 例:歴史的仮名遣い→現代仮名遣い

にひ(新)→にい/ni:/、ゆふ(夕)→ゆう/ju:/、ほほ(頬)→ほお/ho:/

一部の方言ではこれがア段でも起こる。

かは(川:現代仮名遣い「かわ」)→カー/ka:/

Fandomでも見てみる

おまかせWikia