Fandom

Japan

七五三

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ファイル:Shichigosan at Ikuta Jinja Shrine.JPG

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う年中行事

概要 編集

男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社などに詣でる年中行事(神社庁より)。本来は数え年だが、現在は満年齢で行われる場合が多い。地方によっては男児の3歳を行わない所もある。

現在では全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった。

尚、上方発祥の習俗としては十三詣りがあり、これも徐々に全国に広がりつつある。

由来編集

ファイル:Komono.jpg
ファイル:Festival day for the children aged seven, five and three,shitigosan,katori-city,japan.JPG

旧暦の11月15日(現在の12~翌年1月)はかつては二十七宿鬼宿日(「鬼が出歩かない」「一陽来復」とされる日)に当たり、何事をするにも吉であるとされた。また、旧暦の11月(霜月)は収穫を終えてその実りを神に感謝する月であり、満月となる15日に、氏神への収穫の感謝を兼ねて子供の成長を感謝し、加護を祈るようになった。霜月祭とも関係があるとされる。明治改暦以降は新暦の11月15日に行われる様になり、又、氏神より、大規模・有名な神社仏閣への参拝を指向する様になってきた。

儀式を行う年齢には奇数縁起の良い数と考える中国思想の影響もある。3歳は「髪置(かみおき)」(剃ってた髪を伸ばし始める)、5歳は「袴着(はかまぎ)」(初めて袴を穿く)、7歳は「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」(紐付きの着物に代わって本仕立ての着物と丸帯、結髪、化粧、という大人と同様の装いをする)の名残りである。又、袴着・帯解は一人前の氏子の仲間入りとされる。

近世までの日本は、現在の開発途上国と同様の状況(栄養不足・健康への知識不足・貧困など)が原因で乳幼児が成人するまでの生存率が現代より低く、その様な事から乳幼児の生存を祝う節目として定着した。男児が女児よりも早く祝うのは後継者としての意味合いもあるが、医療技術が発達する現代までは女児よりも男児の生存率が低かったためである。

現状編集

現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっている。北海道・東北・北関東・等、寒冷地では11月は寒くなっていることから、1か月早めて10月に行なう場合が多い。近年は比較的温暖な地域でも混雑する11月を避けて10月に行うケースが増えてる。

服装は正装に準じた衣装(晴れ着)となり、洋服の場合もあるが和服の方が多い。希に平安装束打掛甲冑も見られる。女児は、この時に初めて結髪・化粧をして貰う場合が多く、厚化粧・本格的な日本髪となる場合も結構多い。マニキュアを塗る場合も結構見られ、希にネイルアート(ジェルネイル・ネイルチップ)を施してもらう場合もある。男児は一般的には化粧はしないが、化粧をして貰う場合も稀にある。

地域毎の特色編集

  • 千葉県茨城県では、七五三のお祝いをホテルなどで結婚披露宴並に豪華に開催する場合もある。
  • 京都市では舞妓変身して参拝等する場合がある。
  • 兵庫県熊本県では「ひもとき」を4歳で、長野県では3歳で行う[1]
  • 福岡県で4~5歳で「ひもとき」、7歳で「へこかき」(男児)/「ゆもじかき」(女児)(いずれもふんどし湯文字といった成人仕様の下着を初めて身につける)を行う地区がある[2]
  • 鹿児島県宮崎県南部では1月7日前後に行う七草が七五三に相当する。
  • また、三歳=言葉、五歳=知恵、七歳=歯を神から授かる(乳歯から永久歯に生え変わる)事を感謝とする地方や、三歳、五歳、七歳は子供の厄として、七五三を一種の厄祓としている地方もある。
  • 神社や寺への参拝が慣例となっているが、このような伝統に配慮してキリスト教教会でもこの時期に七五三のお祝いを行うところもある。

千歳飴編集

ファイル:Long stick of red and white candy sold at children's festivals,chitose-ame,katori-city,japan.JPG

七五三では、千歳飴(ちとせあめ)を食べて祝う。千歳飴は、親が自らの子に長寿の願いを込めて、細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている。

千歳飴は、江戸時代元禄宝永の頃、浅草の飴売り・七兵衛が売り出したのが始まりとされている。

製法編集

千歳飴の製法には地方ごとに形状や色が異なる。

関東の千歳飴は水飴砂糖を材料とし、の中で140程度の熱に達するまで煮詰めたのち鍋から取り出して平たく展ばして冷却する。硬化しはじめて柔らかい塊状にまとまった飴に均等に空気を混ぜるために飴の塊を棒に引っ掛け、引き伸ばしながら何層にも折り返す製白機と呼ばれる機械に掛ける。この工程により透明の飴に中に無数の空気の細い隙間が生じ乱反射して白く見えるようになり、千歳飴独特の舌触りの食感が生まれる。触ると火傷するほど熱を帯びた飴の塊を製白機から外し、手または機械で細長く伸ばし、平たい台の上で転がして均等な太さに成形し、適当な長さで切り口が欠けないように包丁を用いて叩くようにして切断する。伝統や格式を重んじる菓子屋では以上の手順を経て作った千歳飴を神社に納め、お祓いを受けてから店頭に並べる。

その他編集

  • 七五三という語呂合わせを用いて、いくつかの数列を覚えるのに使われている。
    • 日本の国旗で慣例的に用いられる縦横比が7:10、日章の直径は縦の5分の3のため、主に戦前の世代では国旗を自作するにあたってその比率を「七五三」と覚えたという。
    • 最大角度を120度とする5:3の辺の長さを持つ三角形の残りの辺は7となる。3:4:5の直角三角形に対し、こちらは「七五三の三角形」と呼ばれる。余弦定理の例題として用いられる。
  • 日本におけるのひとつとして七五三と書いて「しめ」と読む姓がある。
  • 七五三縄「しめなわ」と読むことがあり、実際に注連縄の藁を、七束、五束、三束と垂らす型がある。主に祭事の結界として利用する。

脚注 編集

  1. 民俗学辞典(柳田国男、東京堂出版、1951~69年)P259~260
  2. 民俗学辞典(柳田国男、東京堂出版、1951~69年)P514
    [1][2]

参考文献編集

  • 民俗学辞典(柳田国男、東京堂出版、1951~69年)P259~260
  • 精選 日本民俗辞典(吉川弘文館、ISBN 4642014322)P249
  • 日本民俗事典(大塚民俗学会、弘文堂、1972~80年)P315~316
  • るるぶ京都2010年、他(舞妓変身スタジオの記事・広告が多数)
  • 美しいキモノ2009年秋号別冊

外部リンク編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは七五三にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
de:Shichi-go-san

en:Shichi-Go-San es:Shichi-Go-San fi:Shichi-go-san fr:Shichi-go-san id:Shichi-Go-San ko:시치고산 mn:Шичигосан ru:Сити-го-сан sv:Shichi-go-san zh:七五三節

Fandomでも見てみる

おまかせWikia