Fandom

Japan

三社祭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

三社祭(さんじゃまつり)

  1. 浅草神社で行われる祭り。本項目で解説。
  2. 1を題材とした歌舞伎舞踊清元の曲目『弥生の花浅草祭』の通称。

ファイル:View of mikoshi from sensoji Sanja Matsuri 2006-2.jpg

三社祭(さんじゃまつり)は、毎年5月に行われる東京都台東区浅草浅草神社の例大祭である。
かつては観音祭・船祭・示現会に分かれていたが、1872年から5月17・18日に行われるようになった。 現在は5月第3週の金・土・日曜日に行われる。正式名称は「浅草神社例大祭」。

ただし、2011年は東日本大震災の発生に伴う社会的影響を考慮して中止が決定した。

概要編集

浅草神社は明治に入るまでは浅草寺と一体であり、この時代には浅草寺の祭りとして行なわれていた。 神仏分離によって浅草寺と分離してからは浅草神社単体での祭りとなり発展したが、これは明治に入って以降のことである。
このことを表すかのように、江戸時代から謳われている江戸の大きな祭りを謳った狂歌「神輿深川(深川祭)、山車神田(神田祭)、だだっぴろいは山王様(山王祭)」の中には含まれていない。

旧幕以来の江戸文化の中心であった神田とも、隅田川以東の下町文化圏とも浅草は別個であるが巧妙に両者のイメージを利用してきた背景がある。文化圏について鈍感な行政やマスコミの影響もあり、その中心部は土地持ちの富裕層が多かったにも関わらず下町イメージで語られる不思議な町「浅草」の魔力といっても過言ではない。

但し、「観光宣伝色が強い」「浅草の内部での結束が悪すぎる」「各町神輿連合を、その筋の者が宣伝に利用している(昔は酒をタカリにしか来なかったが、現在では同好会を主宰)」など問題点も多く、地元民の全面的支持は受けているわけではない。祭りには刺青をした男性が多く参加している。

尚、結束が弱いとされた点に就いては2007年の不祥事を受けて2008年の宮出し中止が決まった事を受けて住民の意識が高まり、結束は以前より高まったとされる。

問題点の検証編集

かつての明治において蔵前、鳥越、鶯谷、今戸の下町は地域ごとに住民のカラー(職種や住宅事情など)は明確であり、区画整理や地番変更の行われた今日でも少なからず残っていると見る向きもある。<浅草寺>と<浅草神社>は神仏分離によって初めて分離した。明治期に浅草へ人口の流入が激しくなった結果、地主と店子の関係は「普通の下町」と比べ、よりシステマチックに「公団住宅」化した。明治以降に住宅に入った人間たちは彼らの父祖の地に<神社>を置いてきてしまった宗教的浮遊層である。即ち浅草とは「浮遊層」の店子と、現世利益の浅草寺を信仰するだけの「富裕層」より出発しているとするならば、<神社>の真空性こそが現在の状況と一致する。 「その道」の本場とされてきた浅草の親分は戦前から戦後にかけて「的屋」の山春や益久、数珠辰の名が挙げられる。猪野健治の書籍に見られるようにヒラビにおける特権は闇市の解体により的屋より取り上げられた。その結果としてタカマチのための「ハレ」を求めたと見方がある<昭和27年前後に浅草の旦那衆と益久親分に意見の対立があり、深川から神輿を丁子家の若い衆が運んできたという伝説など>。しかし、この浅草神社を取り巻く環境は多層的であり、その中心の"真空"こそ三社祭を東京で最も大きい祭りとしている要因の一つでもある点は最も重要である。

本社御輿編集

一方で祭り好きの人々が同好会を結成し、各所の祭りを担ぎ回るようになった。現在は地元住民で人員は足りているが、神輿同好会も参加している。地元住民、同好会、共にふんどしを締めている担ぎ手も結構多い。また、神輿に担ぎ手が乗ることは禁止されているものの、1980年代頃から担ぎ棒の上にふんどし一丁、又はふんどしに半天だけの人が乗る例が後を絶たなかった。2006年(平成18年)には本社神輿二之宮が毀損するに至り、浅草神社と奉賛会の連名で改めて通達が2007年1月に出された。しかし2007年(平成19年)においても神輿に乗る担ぎ手が確認され、都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕者5人も出た事から、神社と奉賛会は2008年(平成20年)の祭での本社神輿の「宮出し」と「本社神輿各町渡御」「宮入り」を中止する事を決定した[1]。このため来客数の激減が予想されたが、前年比より増加で終了した。雷門通り・馬道通りの迂回は継続される。2009年(平成21年)には、「神輿に担ぎ手が乗ると再び中止にする」という合意の下、再開され、警察官を多数動員する厳戒体制がとられ、又、地域の結束、自分達の祭りを守る、という意識の周知・向上と、「不正を許さない」という毅然とした対応が功を奏し、神輿乗りも皆無と言って良く、大きなトラブルも無く終了した。

祭りの構成 編集

現在の構成 編集

  • 1日目(金):名物大行列(浅草芸者田楽手古舞白鷺の舞、等が登場)ただし、雨天中止
  • 2日目(土):氏子各町神輿連合渡御
  • 最終日(日):宮出し、本社神輿各町渡御、宮入り

2008年の構成 編集

  • 1日目(金):上に同じ
  • 2日目(土):上に同じ
  • 最終日(日):野点、お囃子奉演、太鼓奉演、奉納舞踊、本社神輿神霊返しの儀(浅草神社内)お祭り広場(浅草神社外)

参考文献 編集

  • SANJA―男たちの歳時記 浅草三社祭(大高克俊、他、アクロス、ISBN 978-4795289109)
  • 浅草 三社祭(野口由美子、他、アクロス、ISBN 978-4795289062)
  • 裸祭り(矢頭保、美術出版社、1969年)図版87~120、P164

脚注 編集

  1. 平成20年度浅草神社例大祭 本社神輿渡御中止のお知らせ 平成19年7月24日

関連項目 編集

外部リンク 編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは三社祭にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Event-stub

テンプレート:画像提供依頼en:Sanja Matsuri fr:Sanja Matsuri

Fandomでも見てみる

おまかせWikia