Fandom

Japan

京都祇園祭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

テンプレート:Redirect テンプレート:統合文字 テンプレート:観点

ファイル:NaginataBoko.jpg

京都祇園祭(きょうとぎおんまつり、きょうとぎおんさい)は、京都市中心部で行われる八坂神社の大規模な祭礼である。

概要 編集

祇園祭は京都八坂神社の祭りで、京都三大祭り(他は上賀茂神社下鴨神社葵祭平安神宮時代祭)、さらに大阪の天神祭、東京の山王祭(あるいは神田祭)と並んで日本三大祭りの一つに数えられる。また、岐阜県高山市高山祭、滋賀県長浜市長浜曳山祭と並んで日本三大曳き山の一つにも数えられる。7月を通じて行われる長い祭りであるが、神輿渡御や山鉾巡行や宵山が中心となる。宵山、宵々山には旧家や老舗での宝物の展示も行われるため屏風祭の異名がある。また山鉾巡行では文化財が公道を巡るため動く美術館とも例えられる。

一説には869年貞観11年)、疫病の猖獗を鎮める祈願を込めて、卜部日良麿が66本の矛を立て、神輿3基を送り牛頭天王を祀り御霊会を行ったのがその起源であるという。970年安和3年)から毎年行うようになった。その後、応仁の乱第二次世界大戦などでの中断はあるものの、現在も続いており、千年を超える歴史がある。かつては祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)とよばれていた。その略で、現在でも祇園会と呼ぶこともある。

宵山には毎年40万人以上の人が集まり、祇園祭最高の盛り上りを見せる。一方、山鉾巡行・神輿渡御は、宵山ほどの人出はなく(それでもかなりの人出ではあるが)、祇園祭といえば前夜祭である宵山を先に思い描く人も多い。

ちなみに諺で時機を逃して用をなさないことを「後の祭り」というものがあるが、これは祇園祭の大一番である山鉾巡行・神幸祭神輿渡御が終わり、この後の祇園祭がたいしてメインとなるものがないことからこの諺が言われるようになったとされる。また、祇園祭は1966年(昭和41年)まで「前祭」(7月17日)と「後祭」(7月24日)の2回に分けて山鉾巡行を行っていた経緯があり、「前祭」では山に加え豪華絢爛な鉾が多数巡行するのに対し、「後祭」では鉾の巡行が無く山のみの巡行で、小規模であることからこの諺が言われるようになったという説もある。

日程 編集

ファイル:KankoBoko under construction.jpg
  • 7月1日 - 吉符入(きっぷいり)。祭りの始まり。
  • 7月2日 - くじ取り式。下記参照。
  • 7月7日 - 綾傘鉾稚児社参。
  • 7月10日 - お迎え提灯。
  • 7月10日 - 神輿洗い。
  • 7月10日から13日まで -山建て鉾建て。分解収納されていた山・鉾を組み上げ、懸装を施す。
  • 7月13日 - 長刀鉾稚児社参(午前)。下記参照。
  • 7月13日 - 久世駒形稚児社参(午後)。下記参照。
  • 7月14日 - 宵々々山。
  • 7月15日 - 宵々山。
  • 7月16日 - 宵山。14~16日をまとめて「宵山」と総称することもある。
  • 7月16日 - 宵宮神賑奉納神事。
  • 7月17日 - 山鉾巡行。下記参照。
  • 7月17日 - 神幸祭(神輿渡御)。下記参照。
  • 7月24日 - 花傘巡行。元々、この日に行われてた後祭の代わりに始められたもの。
  • 7月24日 - 還幸祭(神輿渡御)。下記参照。
  • 7月28日 - 神輿洗い。
  • 7月31日 - 疫神社夏越祭(えきじんじゃなごしまつり)。祭りの終わり。

各種行事 編集

くじ取り式 編集

山鉾巡行の順番を決めるもの。室町時代から競争を避けるために行われるようになった。ただし、先の巡行の先頭の長刀鉾、5番目の函谷鉾、21番目の放下鉾、22番目の岩戸山、23番目(先の巡行の最後)船鉾、あとの巡行の先頭の北観音山、次の橋弁慶山、後の巡行の最後の南観音山は「くじ取らず」と呼ばれ、順序が予め決まっている。京都市役所市会議場で行われる。

神輿洗い 編集

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。


宵山・山鉾巡行 編集

祇園祭のハイライト。元々は付け祭りだったが、こちらの方がはるかに大規模になった。山鉾からは祇園囃子のコンチキチンという独特の節回しが聞かれる。現在のような囃子ができたのは江戸時代から。また、ゴブラン織りをはじめとする豪奢な山鉾の飾りも見どころの一つ。前述の通り、かつては山鉾巡行自体が17日(前祭・さきのまつり)と24日(後祭・あとのまつり)の2度行われていたが、1966年(昭和41年)より17日に統合された。山鉾の数は現在は32基(鉾9基・前祭の山14基・後祭の山9基)で、これも時代によって変化している。山鉾は午前9時に四条烏丸を出発し、午前中にコースを回る。見所の一つは辻回しと呼ばれる鉾の交差点での方向転換である。鉾の車輪は構造上方向転換が無理なため路面に青竹を敷き水をかけ滑らして向きを90度変える。巡行終了後は直ちに解体・収納される(長刀鉾の稚児は新町御池で鉾から降りる)。

以前は巡行時に鉾の上から囃し方が粽(ちまき)を観衆に投げていたが、落ちてきた粽を取り合い中年女性が怪我をしてからは危険とされ、鉾の上から粽を投げるのは現在は原則禁止になっている。

また、山鉾には日本には存在しないエジプトピラミッドラクダなどが描かれたものが存在する。

神幸祭・還幸祭(神輿渡御) 編集

こちらが本来の神社の中心行事。神幸祭は山鉾巡行で浄められた四条寺町にある御旅所へ、八坂神社から中御座神輿(なかござみこし)・東御座神輿(ひがしござみこし)・西御座神輿(にしござみこし)の大神輿3基に召した神々が各氏子町を通って渡る神事。この夜から7日間滞在する。974年天延2年)に御旅所(現在と所在地は異なる)を朝廷より賜り、行われるようになった。また子供神輿である東若御座神輿も参加する。

神幸祭は朝の雅やかな山鉾巡行とは打って変わって、夕刻より行われる神輿渡御は勇壮豪快で荒々しいのが特徴である。3基の大神輿を総勢1000人以上もの勇猛な男達により担ぎ揉まれて神輿が暴れ狂う様は圧巻である。いわゆる暴れ神輿というものである。神社からの宮出しを完了した3基の大神輿と1基の子供神輿は祇園石段下交差点の楼門前に集結しての揃い踏みにて神輿全基連合で勇壮に担ぎ上げられ練り暴れて、楼門前は歓声に涌きかえる。その後は神輿はそれぞれ別ルートにて御旅所へ向かう。朝に山鉾が動く美術館の名をほしいままに巡行した都大路を今度は神輿が勇壮に練り暴れながらの渡御を行い、四条寺町の御旅所宮入りにて神幸祭での最後の豪快な練りを披露する。山鉾巡行を祇園祭のハイライトと呼ぶならば、神輿渡御はまさしく祇園祭のクライマックスと呼ぶにふさわしいものである。

神輿の御旅所駐輿中に、誰とも言葉を交わすことなく御旅所を七夜お参りすれば、願いが叶うというのが無言参り

還幸祭は神輿と神々が御旅所から各氏子町を通り、八坂神社へ還る神事。今度は山鉾町をも含めた八坂神社の広大な氏子地域を練り暴れながら八坂神社に宮入を行う。八坂神社での宮入では、舞殿の周囲を3周する拝殿回しを行い、神輿3基がここぞとばかりに力を振り絞りながらの勇壮豪快な最後の練りを披露する。

舞殿前にて神輿の最後の暴れながらの揉みが終わり、神輿が舞殿に上げられ安置されると境内は消灯され漆黒の闇となり御霊遷しが行われ、神輿に乗せられた祭神が本殿に戻され、神輿渡御は静かに終了するのである。

各種の郷土芸能 編集

祇園祭の中では様々な郷土芸能も上演される。

鷺舞 編集

鷺舞(さぎまい)は白絹の羽を纏い、雌雄の鷺に扮した成人男性の舞い手2人が囃子に合わせて優雅に舞い踊る郷土芸能。約600年前に存在した「笠鷺鉾」の周りで舞われていたが、江戸時代中期に途絶えた。1956年昭和31年)に鷺舞保存会が、祇園祭の鷺舞を伝えていた島根県津和野町から舞を逆輸入して復活させ、経費を氏子組織(清々講社)が負担して八坂神社境内で奉納されていた。鷺舞は山口市潟上市にもある。浅草寺台東区)の「白鷺の舞」も、これを参考にした。

通常は、宵山の16日と山鉾巡行・神幸祭の17日、花傘巡行・還幸祭の24日の3日間八坂神社境内で奉納されるが、2006年平成18年)以降は鷺舞保存会と神社、氏子組織の対立が深まったために行われず、代りに、次項の子鷺踊りが奉納された。

子鷺踊り 編集

上記の鷺舞をアレンジした新しい郷土芸能。上記と同様の白絹の羽を纏い、舞台化粧並みの厚化粧をした小学生位の少年少女6名が優雅に可憐に舞い踊る。通常は、10日の、お迎え提灯、16日の宵宮神賑奉納神事と24日の花笠巡行に登場、2006年(平成18年)以降は上記の事情により大人の鷺舞の代役を務めるようになった。子鷺踊りは津和野町潟上市にもある。

小町踊り 編集

元禄時代に起源を持つ少女の踊り。近代に入って中絶したが、1962年(昭和37年)に白峯神宮で復活した。祇園祭では、10日のお迎え提灯では小学生位の少女が、24日の花笠巡行では祇園東舞妓が、いずれも元禄風の衣装、髪型、舞台化粧並みの厚化粧で、典雅に可憐に舞い踊る。

祇園祭音頭 編集

1957年(昭和32年)に祇園祭復活10周年を記念して創作。10日のお迎え提灯、16日の宵宮神賑奉納神事に、一般的なお揃いの浴衣を着て舞台化粧並みの厚化粧をした小学生位の少女多数が可憐に舞い踊る。

石見神楽 編集

石見神楽は、石見地方に伝わる娯楽性の高い神楽1973年(昭和48年)以降毎年、通常16日の宵山に八坂神社境内で奉納され、御祭神スサノオヤマタノオロチ退治をはじめ、八坂神社や京都に所縁ある神話劇が演じられる。

万灯をどり 編集

当時の八坂神社の名誉宮司作詞の歌詞を元に1968年(昭和43年)に創作。24日の花笠巡行に、一般的なお揃いの浴衣を着て舞台化粧並みの厚化粧をした小学生位の少女多数が可憐に舞い踊る。

花街の踊り 編集

市内には花街が6ヶ所有るが、その内の神社に近い4ヶ所のうち、2ヶ所ずつが交互で花傘巡行で踊りを披露する。

西暦奇数年
  • 祇園東:小町踊り:上記を参照。
  • 先斗町:歌舞伎踊り:出雲の阿国の故事に因む。白い着物に赤い袴、白い千早で、塗り笠を被る。宝塚を思わせる踊り。
西暦偶数年
  • 祇園甲部:雀踊り:童話「舌切りすずめ」をテーマとした唄にあわせて舞う。赤の襦袢の上にお揃いの浴衣を着用。編み笠を被る。可憐な感じの踊り。
  • 宮川町:コンチキ音頭:白地の薄物の着物に白地に赤の博多帯を後見結びにする。うちわを持って踊る。清楚な感じの踊り。

祇園田楽 編集

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。


六斉念仏踊り 編集

7月24日の花傘巡行に久世六斎保存会が参加している。

稚児 編集

祇園祭には稚児も参加する。

長刀鉾の稚児 編集

現在では唯一、生身の稚児が乗る。他の鉾では人形となっている。

かつては船鉾を除く鉾に10歳前後の少年が稚児として乗っていた。

2000万円とも言われる費用がかかる為、京都市内の資産家等の家庭から禿(かむろ)と呼ばれる家来役の少年2名と共に選ばれ、祭りの年の6月頃に発表される。

7月1日の「お千度」(おせんど)を皮切りに数多くの行事に舞台化粧と同様の厚化粧で登場、13日午前中の「稚児社参」では狩衣に金の烏帽子で登場、「正五位少将」(大名と同等)の位を授かり、これ以降は女子の手を一切借りない。

17日の山鉾巡行では金襴の振袖に紋織りの、鳳凰の天冠で登場、禿を両脇に従え、鉾の中央で稚児舞を披露する。

なお、1993年度の長刀鉾の稚児は、現在JRA騎手の北村浩平である。

綾傘鉾の稚児 編集

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。


四条傘鉾の稚児 編集

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。


久世駒形稚児 編集

綾戸国中神社(南区久世上久世町)の氏子から毎年2人が選ばれる。

こちらも、舞台化粧と同様の厚化粧で登場、額に黒と白の点を付ける。

13日午後の「稚児社参」では2名揃って白の狩衣に紫紋入りの括り、金の烏帽子で登場。

神幸祭・還幸祭では1名ずつ登場、衣装は同じだが稚児天冠を被り、胸に国中神社の御神体である木彫りの馬の首(駒形)を胸に掛け、馬に乗って素戔嗚尊(すさのおのみこと)の和御魂(にぎみたま)が鎮まる中御座神輿(なかござみこし)の先導を務める。

神幸祭に先立ち八坂神社で行われる神事により駒形稚児は素戔嗚尊の荒御魂(あらみたま)の鎮まる御神体と一体となり、それ自身が神の化身として役目を終えるまで一切地に足を着けずに務める。通常は神社の境内では長刀鉾の稚児はもとより皇族であっても下馬しなければならない(皇族下馬)が、久世駒形稚児は八坂神社境内に入っても下馬せず騎馬のまま本殿に乗りつける。

馬長稚児 編集

お迎え提灯と花笠巡行には舞台化粧と同様の厚化粧をしてカラフルな水干を着た少年3名が馬長稚児(うまおさちご)として馬に乗って登場する。

山鉾一覧 編集

ファイル:GionMatsuriToroYama01.jpg

山鉾の源流は大嘗祭で曳かれていた標山であると考えられているが、一部ではインドオリッサ州地方で行われる4月の祭礼ラタ・ヤットラ祭の山車が山鉾のモデルになったものではないか、と言われている。2008年に行われた重量測定によると、長刀鉾、函谷鉾、鶏鉾、月鉾といった大型の山鉾は10トン前後、その他の山鉾は0.5~1トンの重量であったという[1]

※印は、くじ取らず

  • (鉾前祭)
  • 山(前祭)
  • 山(後祭)
  • 休み山(焼山・やけやま)…度重なる大火や各山鉾町の事情によって現在は巡行していない山鉾
    • 布袋山(ほていやま)…京都市中京区蛸薬師通新町東入ル姥柳町。明応9年(1500年)に巡行に参加したという記録があるが、江戸中期の宝暦年間(1751年~1763年)より不参加と言われ、天明8年(1788年)の「天明の大火」で御神体の布袋尊と二童子を残し焼失。どんな趣向の山であったか分からず、謎に包まれている山である。現在は、宵山に限って御神体を祀る。平成17年(2005年)に安政年間(1854年~1859年)作製とみられる護符の版木が確認された。また、平成18年(2006年)には懸装品と伝わる織物が地元企業に保管されているのが確認され宵山に実物大の模造品が同山の町内で展示された。
    • 鷹山(たかやま)…京都市中京区三条通室町西入ル衣棚町。応仁の乱以前に起源を持ち、大舩鉾の直前を巡行した大規模な曳山だったが、文政9年(1826年)に激しい夕立に遭って懸装品に甚だしい汚損を被ってしまい、休山していたところに元治元年(1864年)の蛤御門の変による大火で御神体と一部の懸装品を残して焼失。現在は宵山に限って残された御神体と懸装品を同山の町内で展示(居祭・いまつり)。
    • 大舩鉾(おおふねぼこ)…京都市下京区新町四条下ル四条町。後祭の最後尾を飾っていた壮大な船型の鉾で「凱旋船鉾」とも呼ばれていたが、元治元年(1864年)の蛤御門の変による大火で神功皇后の御神体や懸装品を残して消失。以後130年間御神体と懸装品を宵山に限って同鉾町内で展示する「居祭」を行ってきたが、平成7年(1995年)から中止。平成8年(1996年)、岩戸山の指導により囃子を復活させ、平成18年(2006年)には御神体を除く懸装品を展示する「飾り席」を復活させた。

神輿一覧 編集

女人禁制とその緩和 編集

ファイル:Naginataboko Gionmatsuri2.JPG

江戸時代初期まで女性が参加していたことを示す資料が残っているが、江戸時代中期以降は女人禁制とされてきた。現在も、ほとんどの山鉾と巡行の先頭に立つ長刀鉾などは女人禁制の伝統を守っているが、近年、女性の参加を希望する山鉾町(保存会)がいくつかあり、2001年(平成13年)に各山鉾町の判断で祇園祭山鉾連合会に届け出るという形で女性の参加を容認する方針が決まり、南観音山で2名・函谷鉾で3名の女性囃子方の巡行参加が一部で認められた。

脚注 編集

  1. 2008年7月17日京都新聞夕刊1面

関連項目 編集

テンプレート:Commons テンプレート:Wikinews

参考文献 編集

  • 京の夏、祇園祭!(らくたび文庫 別冊、コトコト)
  • 京都祇園祭手帳(河原書店の手帳ブック)
  • 写真で見る祇園祭のすべて(島田崇志著、光村推古書院)
  • 月刊誌「太陽」1985年7月号(特集・祇園祭、平凡社)
  • 祇園祭(植木行宣・中田昭共著、保育社カラーブックス)
  • 京都祇園祭を歩く(フォトコン編集部、日本写真企画)

外部リンク 編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは祇園祭にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:京都三大祭りテンプレート:Event-stub

en:Gion Matsuri fi:Gion matsuri fr:Gion Matsuri id:Gion Matsuri ro:Festivalul Gion sv:Gion Matsuri th:เทศกาลกิออนมัตสุริ zh:祇園祭

Fandomでも見てみる

おまかせWikia