Fandom

Japan

人名にまつわる問題点

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

日本人の人名のローマ字表記について編集

日本人の人名をローマ字表記(欧米の言語の中で日本人の氏名に言及する場合を含む)する際、「名・姓」の順にすることが多いが、これは奇妙な慣習である。大部分の欧米人の人名は「名・姓」の順であり(例:「ボブ・サップ(Bob Sapp)」、「ヤーコプ・グリム(Jakob Grimm)」)、これを日本において「サップ・ボブ」、「グリム・ヤーコプ」のようには言わない。一方、日本人と同じ「姓・名」の順の朝鮮人、中国人の人名はローマ字表記でも順番を変えないことが多い。ハンガリー人の人名も「姓・名」の順だが、英語圏などほかの欧米諸国では「名・姓」の順で言うことが多く(例:「Annus Adrian」→「Adrian Annus」、Annus が姓)、日本語のカタカナ表記でも「アドリアン・アヌシュ」と「名・姓」の順にしてしまう。一般には現地での言い方を尊重し、順番を変えないのが望ましい。

ハーフの場合、あいまいになることがある。たとえば「クルム伊達公子」(「クルム-伊達」という統合姓)は、3個の名前から構成され、欧米では一般に「Kimiko Date Krumm」と正反対にして呼ばれている。

プロ野球界ではオ列長音を「oh」と書くのが慣例となっているが、これには問題点がある。「大石」は「OHISHI」と表記されるが、これではローマ字読みで「オヒシ」になり、英語圏でもそう読まれる可能性は高い。「オーイシ」と読ませるにはせめてハイフンかアポストロフをつけ、「OH-ISHI」か「OH'ISHI」とすべきである。

日本語の敬称にまつわる問題編集

学校などで男子が「○○君」、女子が「○○さん」と呼ばれることについては、男女とも「さん」に統一すべきだとする意見もある。なぜなら「君」は同輩や目下の相手に限って用いられ、「さん」は年長者を中心に広範囲にわたって用いられるからである。そのため、たとえば1年生の女子が「○○さん」と呼ばれ、3年生の男子が「○○君」と呼ばれたときに矛盾が生じる。さん付けで呼ばれるようになって「大人になったな」と感じる人もいて、女子が小学生からさん付けで呼ばれていると、男子に比べてそのような実感が薄くなると考えると、女子がかわいそうでもある。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia