Fandom

Japan

人間が本能でカワイイと感じるキャラクター

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

人間が本能でカワイイと感じるキャラクター(にんげんがほんのうでかわいいとかんじるきゃらくたー)は、2007年5月12日フジテレビ系列で放送された番組「トリビアの泉無駄無駄無駄無駄ァ!知識SP」で生まれたキャラクター。

このキャラクターが生まれたきっかけは、番組内でいかなるキャラクターが人間に最も可愛く見えるのかを調べようとしたことにあった。

ちなみに、デザインはその道の専門家が集い、7時間に渡る慎重な議論をした上で決定された。その後、ハローキティのデザイナーを勤める山口裕子によって清書された。なお、この「人間が本能でカワイイと感じるキャラクター」は正式名称である。

特徴 編集

  • 大きなのような頭を持っている。
  • 鶏の足のように細い足が2本ある。
  • 目が離れている。

関連項目 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia