Fandom

Japan

個食

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

個食(こしょく)とは、家族とともに食事をするが、別々の物を食べること。また、家族の中の個人が別々の時間に食事をすること。

傾向編集

個食は子供が小さいときと比べると、子供が大きくなったときのほうが多い。

個食化することによって、偏食に寛容になる傾向がある。たとえば子供が小学生以下のころは好き嫌いで食事を残すことを許さず、家族みんなが食べる種類は必ず食べるようにしつけをしていた家庭でも、部活動や塾通い、アルバイトなどの事情で個食化が進むと、すっかり嫌いな食べ物が出されたときはそれを食べず別なものを食べるようになったという例も少なくない。

メリットとデメリット編集

部活動や塾通い、アルバイトなどで家族そろって食事をとることが難しいという事情があれば、各自別々の時間に食事を取ることは避けて通れないことといえる。

家族とともに食事をするが、別々のものを食べるというのは、偏食につながりやすい。料理を作る人の手間に関しては、個食によって作る側の負担が増すか、逆に負担が軽減されるかは、各家庭によってさまざまであり、一概には言えない。

外食における個食編集

家で食べるときの個食と違い、外食における個食はむしろ奨励されるべきである。集団志向のお国柄の日本では、全員が同じ料理を選ぶ傾向があったが、これからは、数多くのメニューから各自自分が好きなものを選ぶのが望ましい。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia