Fandom

Japan

勝山髷

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

勝山髷(かつやままげ)とは、江戸時代初期の明暦年間ごろ登場した女髷。

概要 編集

遊女の勝山が結い始めたのが最初であることから勝山髷と呼ばれたが、元禄ごろには一般の女性にも広まり上品な印象であったころから武家の若い奥方などに結われるようになった。のちに勝山髷が変形したものは「丸髷」と呼ばれ江戸中期頃には遊女、後期以降は既婚の女性の髪形となった。

特徴 編集

髷が前後方向の一つの大きな輪になっているのが特徴。

元禄ごろの勝山髷は、前髪を引きつめ鬢を出さない代わりに、を思い切りだす「鴎髱」又は「鶺鴒髱」という形にしていた(元禄島田とは髷以外同じ)。

江戸中期ごろ髷の輪の幅が広く全体が平たくなっていくが、特に輪が潰れた球に近いほど広く丸っこくなったものを「丸髷」とも呼び、初めは遊女、後に既婚女性の髪形として一般化した。又、平面的に広がったものは「吹輪」、又は「十能髷」とも呼ばれ気品がある事から武家の姫や奥方の髪形となった。現在は花嫁の髪型として使われる場合がある。

「後勝山」は前向きではなく後向きに輪を作る髪形。髷が低い事から庶民的で地味な感じ。茶屋の娘等に結われた。

なお、現代の京都の舞妓や、嶋原太夫に結われている「勝山」は形状的には吹輪に近いものである。

参考文献編集

日本髪#参考文献を参照。

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは勝山髷にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia