Fandom

Japan

十三参り

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

十三参り(じゅうさんまいり)は、13歳を迎えた子供の通過儀礼である。

概要編集

十三参りは、旧暦3月13日(現在では月遅れで新暦4月13日)の間、数え年13歳に成った少年少女が元服を迎え大人と成ったことに感謝して、これから先の万物の福徳と英知を授かるために、虚空蔵菩薩に参詣する行事。それで別名、知恵詣り、または、智恵もらいとも云う。

空海がそれによって飛躍的に記憶力を増大させたと言われる虚空蔵求聞持法に由来する。また、13歳という年齢が元服の時期と合致するため、一種の通過儀礼として伝承された。

関西では七五三よりも、こちらの方が盛んで、中でも、京都嵐山の法輪寺・奈良の弘仁寺が有名である。 

最近では関東でも徐々に盛んになりつつあり、浅草寺では3~5月にかけて上記と同様の参拝客が目に付くようになった。

参拝の作法等編集

半紙に自分が大切にしている漢字一文字を毛筆でしたため供え、ご祈祷を受けた後、お守り・お供物を頂いて帰り帰宅後親に感謝を述べる。お守りは身につけるようにする。

参詣の帰路、本殿を出たあと、後ろを振り返ると、せっかく授かった智恵を返さなければならないという伝承があって、狭い長い石段を降リ切った鳥居をくぐるまでは、または渡月橋を渡り終わるまでは周囲の誘いにも動じず後ろを振り向かないで貫き通す習俗がある。【お参りの前に子に教えておくことをすすめる】

服装編集

服装は少年は羽織、少女は成人式と同じ振袖を、肩上げをして着る(肩上げは帰宅するとすぐにほどく)のが原則だが、少年は晴れ着以外の和服(ウール・等、袴無し)や洋服の場合も多く、少女は結婚しても着られる色留袖訪問着小紋女袴フォーマルドレスの場合もある。また、少女は、この時に初めて化粧厚化粧の場合も多い)をして貰う場合が多い。京都では、極稀に舞妓変身して参拝する場合もある[1]

脚注 編集

  1. http://www.petite.co.jp/Japan.htm
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは十三詣りにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia