Fandom

Japan

名乗頭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

名乗頭(なのりがしら)とは、その家系の名づけの慣習として代々伝わる、人名の最初の漢字のこと。「名乗頭」は本来沖縄の名づけの慣習に関する用語だが、日本本土にも、(特に大名や武士の家系で)名前の第一字は先祖代々共通の字が用いられた例は多々ある。たとえば源家の「頼」(源頼朝など)、徳川家の「家」(徳川家康など)がこれにあたる。

また、北朝鮮の金正日総書記の息子は全員名前の1字目に「正」を用いている。朝鮮における伝統的な命名法では1字目(名乗頭)ではなく、2字目に「行列字」と呼ばれる兄弟共通の漢字を用いる習慣がある。行列は通常1家系12種類で12代サイクル。

沖縄における名乗頭編集

沖縄では門中(もんちゅう、むんちゅう)と呼ばれる氏族制度があり、門中ごとに決められた名乗頭を持ち、男子の名前に名乗頭を用いる。また、琉球王国の士族は中国に倣った漢姓(通常「氏」という)も持っていた。

氏・家名・名乗頭対照表

 家名 名乗頭
島袋
高嶺
座覇
当山
知名

記:家名とは主に出自を示す地名(字:あざ)に由来し、現在の沖縄の苗字として受け継がれた。

沖縄ではかつて男性の名前は音読みが一般的だった。現在は、名づけに名乗頭を用いないことが多くなっており、名乗頭を用いても訓読みで読ませる人も増えている。 なお、沖縄には名前の中の2文字を伸ばした形のニックネームがよく用いられる(たとえば「ひであき」なら「ひーでー」または「あーきー」)が、これは訓読みの名前が増えてから生まれた現象だと考えられる。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia