Fandom

Japan

吹輪

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

吹輪(ふきわ)は江戸時代初期から上級武家(将軍家・大名家)の息女(姫)に結われた髷。「十能髷」とも呼ばれる。髷の部分を丸く輪に仕立てる部分が似ているため勝山髷の原型という説もある。

特徴 編集

結い方自体は「愛嬌毛」と言われるわざと左右にたらした後れ毛の房を除いて勝山髷の輪が広くなったものと変わらないが、特徴的なのは満艦飾といった赴きさえある多種多様な髪飾りの多さと豪華さである。

髷には「両天簪」といわれる豪華な細工がある金属のを挿し、髷の中には「鼓」と言われる楽器のの形をした装飾品で髷の整形を兼ね(使用しないこともある)、根元には赤地錦などをくくりつける。

前髪には金箔などを漉き入れた染め紙、左右にびらびら簪という金属の小片を鎖で下げた簪に、「姫挿し」といわれる芝居の姫の役などに見られる大きな金属の造花を飾りつけた髪飾りを装着する。

ただし、華やかな装飾や「後れ毛」は舞台・映画用のアレンジであり、実際の姫は銀・べっ甲細工の櫛・笄等のみで地味であったといわれる。

尚、公家の姫は吹輪ではなく、普段はつぶいちと呼ばれる髷を結い、大きな行事にはおすべらかしで臨んだ。

現代でも歌舞伎時代劇祭り時代行列の姫役は吹輪の鬘を被るので、比較的現物に近いものを見ることができる。又、花嫁の鬘として使われる場合もある。

なお、京都の舞妓祇園祭の間の一定期間(7月10日頃~24日)にのみ結う「勝山」と呼ばれる髷は後れ毛のない点を除けばほぼこの「吹輪」と同形である。

参考文献編集

日本髪#参考文献を参照。

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは吹輪にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia