Fandom

Japan

喪服

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

喪服(もふく,そうふく)とは、葬儀法事などに参加する際に着る礼服である。藤衣や喪衣(もぎぬ,もごろも)などとも呼ぶ。

概要 編集

現代の日本において、喪服はや薄墨色が一般的である。また、和服の場合は喪主と喪主の配偶者がを着用することもある。逆になどの派手な色はふさわしくないとされている。

本来喪服とは、遺族が「に服している」ということを意味するもので、正式と略式と呼ばれるものがあり、親族は正式のものを着用する。

洋装編集

洋装の着用する女性は、真珠アクセサリーを1連のみ付けることができる。2連以上のものは「悲しみが繰り返す」といわれ忌避される。 は布製が良いとされる。皮製品は殺生を連想される理由から、色が黒であっても身に付けない方が良い。

キリスト教系の宗派では、ベールで女性の顔を覆うことが喪の正装とされる。

喪服の英名は、モーニング・ドレス(mourning dress)やモーニング・クロース(mourning clothes)である。

なお、モーニングコート(morning dress)は男性の昼の最上級正装の一つである。

和装編集

正式のものは親族に限る場合が多い。女性の場合、黒の羽二重、又はちりめんの紋付きに黒の名古屋帯[1]帯揚げ帯締めも黒となる。下に着るじゅばんは白一色となる。男性は慶事と同じ黒紋付きの着物・羽織に白黒縦縞の袴で、羽織紐のみ黒となる。略式は回忌法要の時に着用、女性は灰色・薄紫・抹茶色、等の地味な色無地[2]に黒、又は灰色地[3]名古屋帯となる。男性は地味な紬地等の羽織袴となる。

化粧編集

本来、喪服の時の化粧は「片化粧」といって白粉を塗っても口紅を塗らないのが原則だった。現代に於いては、ベースは自然の肌色と同程度、シャドーはブラウン系統の赤みを感じない色を極控えめ、口紅も赤みを感じないベージュ系を使う。

歴史 編集

明治時代以前の喪服は、喪主に限らず白であった。明治天皇の葬儀以来は、欧米に合わせて喪服を黒とするようにされた[4]

脚注 編集

  1. 無地紋か、吉祥系以外の地紋
  2. 無地紋か、吉祥系以外の地紋
  3. 柄は蓮の花、等の水墨画調
  4. きものと着つけ'98(講談社、講談社、ISBN 9784061483217)P126
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは喪服にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Fashion-stub

テンプレート:Substub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia