Fandom

Japan

天皇

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

天皇編集

天皇(てんのう)とは今日に於いては日本国の元首であり憲法で規定されたる日本統合の象徴である。ただし天皇が元首であるということは法的に確定した話ではない、との見解も存在する。第125代天皇は明仁親王殿下が今上天皇に就かれている。敬称は「陛下」。その歴史は神武天皇と2600年以上もさかのぼることができる。(歴史的事実でなく神話に過ぎないという意見もある)皇統(家系)はこの間男系による「万世一系」として続いてきた。(家系に疑わしい、との見解あり)その存在意義は常に変化を続け、単に国家のすべての力を集結しその頂点に立つ君主という存在に留まらず権威と権利を分け、権威のみをもつことによって今日まで存在してきたといえる。時にもよるが国民を「おほみたから」としてその生命と存在と意義を常に重視されてきた。一方 昭和天皇の自身の戦争責任への関わり方においての天皇の批判の中にはこの点の反例であるようと思われるようなものも 存在する。また世襲の存在であるという点から小谷野敦の ように皇室制度に批判的な論者も存在することが知られて いる。


元首の呼称に基づく外交儀礼(プロトコル、国際礼譲)では国際的な慣行から通常次のような扱いが一般的である。

天皇・皇帝・女帝(Emperor、Empress) > ローマ教皇(Pope) > 国王・女王・スルタン(King、Queen、Sultan) >首長、公など(Emir、Prince、Duke)>共和国の元首

なお、君主制より共和制の方が人道的に上だとする観点から、大統領を元首とする共和国を第一として扱う考え方もある。

天皇の英語に於ける呼称は基本的に「Emperor」である。これによって儀礼的には通常、他の称号を帯びる君主より上位として扱われる。テンプレート:要出典この実例としては、国際的な場において同席する際に英国のエリザベス女王が天皇に上座を譲ること、ローマ教皇が日本を訪れた際、自ら皇居を訪問した事などが挙げられる。

ただこれはウィキペディア上では根拠不十分だとする説が 力を持っている。

今日の陛下編集

現在の天皇陛下やその他の皇族方を取り巻く状況は決して最善の状態とはいえない。遺伝的に関係のない皇后美智子陛下、徳仁親王妃雅子殿下、寛仁親王殿下の三皇族がそれぞれ心因性失声症、適応障害、アルコール依存症を発症したことは皇族全体の人数に鑑みるに皇族のおかれた厳しい環境を示唆する。寛仁親王殿下は皇族はストレスの塊だとおっしゃられた。

陛下のお心(宸襟:シンキン)をまことに知る人は多いとはいえない。特に戦後の日本弱体化政策は不用意に陛下への敬愛の心を奪い、陛下を単なる権力の「象徴」としか考えられないように日本人を変えてしまったといえるであろう。

参考項目編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia