Fandom

Japan

孕ませ

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

孕ませ(はらませ)、或いは受精フェチ(じゅせいフェチ、Impregnation fetish)は、主にアダルトゲーム成人向け漫画、インターネットコミュニティ上における受精妊娠を目的とする性行為や「赤ちゃん出来ちゃう」など女性が性行為に際して発する受精をほのめかす言葉・態度に対する性的嗜好の固着をさす。

概要編集

フェチという言葉の誤用によりフェティシズムと思われがちだが、性的倒錯には分類しづらい。実際に行なった場合、言葉など(映像・画像)によって説明されない以外は単なる性行為に過ぎないからである。また妊娠可能な期間は限られており、特定のパートナーとの性交渉においてはきわめて少ない状況と言える。
もちろん避妊しないで性交渉に臨んだ場合、妊娠をのぞまない女性が不安を口にするのは当然であり、それを無視して(あるいはそれを言わせるために)避妊しない性交渉を行うことは、男性の怠慢、もしくは支配欲や性欲の暴走とも受け取れるのでサディズムや支配欲の変形と考えてもおかしくはない。実際には妊娠させた、受精した、という確認は目視では行えないためにそこまでの状況を作り出したという雰囲気を重視する嗜好と言え、その点では性的ロールプレイの一種とも見なせる。かつてアダルトビデオ成人向け漫画においては人妻との性交渉を演出する方法として用いられていたために、タブーを犯すことへの興奮ととらえてもおかしくはない。

フィクションでの発展編集

成人向け漫画アダルトゲームにおいては性行為そのものの描写の限界があり、性的興奮を求めるユーザーを満足させる演出方法として定着しつつある。ユーザーに多いと思われる独身男性はなかなか避妊しない膣内射精の機会に(あるいは性行為そのものの機会に)恵まれないという仮定のもとの演出方法である。また妊娠を極度に恐れる対象として前述の人妻や、性知識の乏しい少女、母、姉、妹への近親相姦において多用される。また、単に男女がからむ絵面ではバリエーションに乏しく、映るのは男性の尻ばかりということも少なからずあるために「断面描写」と呼ばれる、膣内、子宮内の透視図や断面図を描いた画像が用いられ、子宮内に大量の精液の入った(非現実的な)描写も行われている(なぜか女性側は自らの子宮内の様子が手に取るようにわかり実況中継をする)。

妊娠により下腹部が膨張した状態を好むボテ腹フェチが「結果」に対する性的嗜好であるのに対し、この嗜好はもっと広範囲に妊娠の「過程」や「可能性」までも包含したものであるために受精ないし遺伝子の継承と言う過程に対する嗜好とボテ腹と言う状態に対する嗜好とは混同されるべきではないと言う意見もある。前者の場合、女性が胎内に宿しているのは自分(ないし主人公)の子供であることが求められる傾向が強いが、後者の場合は怪物が卵を産み付けるなどの受精を伴わないシチュエーションでボテ腹になっている場合も含まれると言う違いが存在する。よりコアな嗜好では人間の女性と怪物の交雑により卵子が人間と同数の染色体を持った怪物の精子を受精し、怪物の子供を妊娠・出産するシチュエーションに対する執着も存在する。

インターネットスラングとして日本では、PINKちゃんねるエロゲー板のスレッドを中心に使用されている「HR」(HARAMASE)の略語が徐々に広まりつつあるとされる。

関連項目編集

外部リンク編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia