Fandom

Japan

情報の拡散

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

情報の拡散(じょうほうのかくさん)とは、情報が(しばしば無秩序に)拡散してしまう現象を指す。特に近年では情報技術の発達により、情報の複製が容易となった事から、コンピュータネットワークを通じて拡散現象が発生しやすい。

  • なお一箇所に集められていた情報媒体が散り散りばらばらになる等して、その価値が損なわれる事に関しては、情報の散逸の項を参照。

概要編集

この現象は、簡単にいえば情報の複製等が広まる現象である。これは、末端に行くほどに情報が細分化されてその価値を失う散逸とは違い、元の情報やその複製情報が流布される。本来流通すべきでない方法で流通する可能性があるとして問題視される場合がある。

これの最も顕著な例が、近年度々発生している個人情報の流出である。個人を特定しうる個人情報を複製・流布(大抵は個人情報リストとして販売される)することで、本来は迷惑メール電話セールスなどの望まれない営業行為に利用されないことを前提に集められているこれら情報が、そのような営業行為に用いられてしまうため、情報収集を行った側の信用問題にも発展する。

歴史編集

まだ活版印刷以前の時代において情報は、その情報量と複製コストの兼ね合いから保護されていた。情報の複製を作る事は写本を意味していた事もあり、一定の情報量のある情報は、その量的な問題から保護されていたのである。これは同時に、本来広めるべき情報までもが広めにくいという事でもあったため、印刷技術の発達を促し、やがてそれは20世紀中頃よりコピー機に代表される一対一で複製を製作する機械の普及を発生させた。

ファクシミリの登場編集

コピー機と同時期に利用されるようになってきたファクシミリ(FAX)という通信と複製を同時に行う装置の発達は、情報が拡散しやすい形での社会基盤となった。この装置は送信先を指定する事で原稿を読み取り、その映像情報を相手先に送信、複製を作成する。これがしかるべき相手にしかるべき形で送信されているうちは問題が無いが、誤った操作で間違った相手先を指定した際や、本来はその情報を得る立場にない相手に意図的に送信された場合に、社会的混乱や社会問題が発生した。

ファクシミリが情報の拡散を担っていた時代には、原稿読み取りと送信が一対一であり、また伝送速度もそれほど高速ではないため、情報の拡散は比較的ゆっくりとした速度で行われ、また一度受信した情報を再送信するには受信者が一定の操作を行って、その都度一対一で複製された情報を他に送信する必要があることから、複製の世代を重ねる毎に、細かい文字が潰れて読み辛くなったり、読み取り機の加減でノイズとなる汚れなどが入ることで情報は劣化するため、情報の拡散過程で情報の価値は更に低くなる。これはコピー機に依る複製と手渡しや郵送などによる配布を行うにしても同種の問題を含み、複製情報は世代と共に劣化する事は避けられず、完全に無制限な情報の拡散は起こり得なかった。

だが197080年代の時点でこれら機器の普及は、企業や団体内の情報が外部に漏洩した場合に於ける情報の拡散を促し、これが方々で事件として報じられるに当たって、新たな社会問題として注目を集めるようになっていった。裏帳簿の漏洩と各種メディアへの配布を発端とする疑獄事件が顕在化したり、個人のプライバシーに関わる情報が怪文書の形で拡散するに至っては、一度発信された情報はその内容如何で、当事者の手を離れて無秩序に拡散してしまう。

コンピュータネットワークの登場編集

1990年代以降、コンピュータネットワークの発達は、情報の拡散に新たな場を提供した。これは個人にあっては情報発信が容易いメディアとしても利用されるが、これが本来拡散されるべきではない情報であってすら、安易に拡散させてしまう性質を持つ。ことコンピュータは情報の複製において強力な同一性を保持する能力を持っていたことに関係する。

1990年代後半から、電子掲示板等に書き込まれた情報に混じって、公開する事に問題の多い情報が提示されるようになり、社会問題として注目を集めるようになっている。個人情報・外部に提供されるべきではない団体・企業等の内部情報などが提示されるにあたり、当事者がそれと気付いた段階では既に手遅れとなっているケースも多い。また電子メールでは僅かな指定の間違いにより、簡単に外部に内部情報が流出しやすく、ネットワーク依存度の増大が、それら問題を発生させやすくしている。

2000年代に入っては、ネットワークの高速化P2P通信に代表される個人間通信利用者の増加、さらにはファイル共有ソフトを狙い撃ちにしたコンピュータウイルスの蔓延などにより、当事者が気付かない内に自ら発信者となっているケースまで発生、更に深刻な問題となっている。これらでは、学校から生徒の成績などが、警察など公的機関からは内部の業務記録・病院カルテなどといった、極めて問題視される情報までもが流出している。

一度発信されてしまった情報はコンピュータのファイルシステムにより簡単に複製されてしまう事もあり、拡散してしまった情報の回収は実質的には不可能である。このため、各種の流出を起こしかねない要因に各々対処して、発生を予防する以外には明確な対応策は無い。

その一方では、一度発生した場合にはその発生源に対する対処と平行して、関係者(それによって不利益を被るであろう事が予測される人々)への対応を含めた、ダメージを最小限に押さえる活動が必要とされる。いずれにしても「無傷で事態を収拾」することは不可能であり、また何処にでも発生し得る問題でもある。

関連項目編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia