Fandom

Japan

播州の秋祭り

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

ファイル:Nadanokenkamatsuri09.jpg

播州の秋祭り(ばんしゅうのあきまつり)とは、兵庫県南西部の播磨地方一帯の神社で行われる大小様々な秋季例大祭を総じて指し示すときの呼称。多くの神社で屋台(太鼓台)の練り出しが行われる。

概要 編集

御旅所への神輿渡御を行う神幸祭形式の祭礼が多い。氏子地域から練り出される屋台は、神輿と形態が似通っているものもあるが神の輿としての役割はなく、渡御のお供・神前での奉納などを役割とし、風流として祭礼を盛り上げる。屋台が標準名としてよく用いられ、通称にはヤッサ、ヤッタイ、タイコなどがある。古くは御先太鼓、家台、矢台、太鼓台、やっさ太鼓と書かれており、18世紀頃には屋台の練り出しが行われていたようだが、明確な起源や由来は不明である。屋台と同じ形態を持つ山車は、太鼓台と総称され、播磨地域以外にも但馬地域(朝来市、等)や瀬戸内海沿岸などで見られる。

屋台以外に壇尻を出す地域もあり、その中には獅子檀尻や芸能の舞台になるものがある。獅子舞を奉納する地域も多く、「播州は獅子どころ」と言われている。そのほとんどは伊勢の太神楽系統であると言われ、獅子を囃す相手役(綾子、又は囃子(ばやしこ)と呼ばれる、厚化粧して豪華な衣装(伊達下がり、等)を着た少年の場合が多い)が登場するなどする。中には継ぎ獅子や梯子獅子を行うところもある。毛獅子と呼ばれる胴幌が獣毛に覆われた獅子もあるが、これらの舞の形態も太神楽系統であると言われている。

特色ある神事民俗芸能としては、一ツ物、龍王舞(王の舞)、船渡御、舞子、などがある。天正年間の記録に一つ物・神子渡り・神事相撲・獅子舞・田楽猿楽)・龍王舞・流鏑馬・神輿が祭礼に登場していることが記されており、これらは中世の祭礼に起源を求めることができると考えられている。上記以外の神事や行事を行うところもある(表参照)。

参加者の服装編集

ファイル:Fundoshimatsuri2.jpg

参加者の服装は各神社・各地区によって異なるが、多くの場合、各地区で揃えた法被襦袢を着用し、鉢巻を巻き、足袋を履いている。祭りによっては練り子などと呼ばれる屋台の担ぎ手が相撲と同様の廻しを締める。特に姫路市の浜手地区では元々相撲が盛んで相撲部屋が多かったことから、その影響で練り子が廻しを締める様になった。その影響は高砂市、等、姫路市周辺にも及ぶ。相撲と無関係の祭で廻しを着用するのは、この地方でも、姫路市高砂市、等の一部の祭りに限られ、この地方以外では極めて稀である。廻しにならない祭り・地区では腰巻股引ニッカボッカ等になったり、普通の着物(着流し)になる場合がある。祭りによっては廻しの地区と廻しでない地区が混在したり、廻しの地区でも廻しに統一しない場合がある(姫路市香寺町、福崎町、他;これらは元々は腰巻、昭和以降ニッカボッカ等だったが浜手地区の影響で廻しを締める様になった)。祭りによっては乗り子、又は太鼓打ちと呼ばれる屋台の中で太鼓を叩く人を小学生以下の少年が務め、薄化粧をして豪華な衣装(振袖、刺繍の鉢巻、等)を着たり、稚児一ツ物と同じように地面に足をつけないようにするところがある(魚吹、等)。祭りによっては厚化粧をして豪華な衣装(伊達下がり、等)を着た少女が屋台や神輿を先導するものもある(高砂市)。船渡御に於いては参加者は廻し一丁となる(高砂市、赤穂市)。これらをアマチュアカメラマンが撮影した写真はカメラ雑誌にしばしば登場する他、鉄道雑誌に電車と組み合わせて登場したこともある。ブログに登場する場合も多い。

屋台の形態編集

屋台は同じ地域でありながら様々なものがあり、屋根の形態から布団屋根型と神輿屋根型に大別される。布団屋台は東播方面・北播方面に多く、神輿屋台は中播方面・西播方面に多い。

平型布団屋台
布団屋台には赤色の平たい布団の屋根を持つ屋台(写真1)があり、この型の屋台は播磨地域以外の太鼓台(ふとん太鼓など)と類似点が多い。主に東播方面で見られる。
山型布団屋台
もう一方の布団屋台は布団の中央を山型にし、四隅を反り上げたもの(写真2)で、布団屋台と神輿屋台の折衷と言える。こちらは高砂市や北播方面で多く見られる。
神輿屋根屋台
神輿屋台は神輿と同様に宝形造りの屋根を持つもの(写真3)である。この型の屋台は播磨地域以外の太鼓台とは趣を異にしており、播州屋台の特徴の一つと言える。神輿屋台も、装飾や運行形態によって中播方面と西播方面とで2種類に分けられる。

上記4種の分類方法はほぼ一定であるが、その分類名については必ずしも一定でない。また、祭りによってはこれらの屋台が混在しているところもある。

地域によって異なった屋台練り(神輿ぶり)があり、秋祭りの見所となっている。一般的な差し上げの他に、土台部分のみでの台場練りや台場差し(写真4)、放り上げるチョーサー(写真5)、複数台での練り合せ・練り違いなどがある。掛け声は神輿を担ぐ際によく掛けられる「ワッショイ」ではなく、「ヨーイヤサー」が一般的である。この掛け声のルーツについては様々な説がある。「チョーサー」という掛け声を用いる地域も多い。

神社別祭礼編集

練り子(担ぎ手)の服装:※:廻し・$:着流し・&:腰巻き・#:股引・%:ニッカボッカ等(上半身は統一)・無印は未確認

姫路市沿岸部編集

神社祭礼日所在地備考
恵美酒宮天満神社10月8,9日姫路市飾磨区
恵美酒14
24人の練り子が土台で練る「台場練り」
「台場練り」市指定重要無形民俗文化財
浜の宮天満宮10月8,9日姫路市飾磨区
須加40
24人の練り子が土台で差し上げる「台場差し」
「台場差し」市指定重要無形民俗文化財
津田天満神社体育の日の前の土日姫路市飾磨区
構912
屋台の一気差し、拝殿内での屋台練り、獅子舞
湊神社10月13,14日姫路市的形町
的形1249
屋台練り
大塩天満宮10月14,15日姫路市大塩町
汐咲1丁目50
「大塩の獅子舞」県指定重要無形民俗文化財
高砂市からも参加者あり
松原八幡神社10月14,15日姫路市白浜町
甲399
「松原八幡神社秋季例祭風流」 県指定重要無形民俗文化財
通称「灘のけんか祭り
荒川神社10月第3日曜日(本宮)姫路市井ノ口
437
練り場から拝殿への階段登り
通称「小芋祭り」市指定重要無形民俗文化財
廣畑天満宮10月第3日曜日(本宮)姫路市広畑区
北野町二丁目3
神輿・屋台の巡行
英賀神社10月17,18日姫路市飾磨区
英賀宮2丁目70
大小18台の屋台の宮入と拝殿練り梯子獅子
魚吹八幡神社10月21,22日姫路市網干区
宮内193
「魚吹八幡神社秋季例祭風流」 県指定重要無形民俗文化財
提灯行列と桜門前での提灯練り。通称「提灯祭り」 乗り子は化粧した小学生
日吉神社10月中旬姫路市別所町
別所西
灘と同様の屋台
獅子舞の舞手は繻子廻し

その他中播磨編集

神社祭礼日所在地備考
犬飼神明神社※#%体育の日の前の土日姫路市香寺町
犬飼66
「獅子舞」県指定重要無形民俗文化財
熊野神社※%10月上旬福崎町
西田原1539
12台の屋台
少女の浦安の舞
大歳神社※%10月上旬福崎町
八千種1340
7台の屋台
二之宮神社※%10月上旬福崎町
山崎1011
13台の屋台
甘地八幡神社9月第1または第2日曜市川町
甘地
2008年に60年ぶりに屋台が復活
「甘地の獅子舞」県指定重要無形民俗文化財
大歳神社体育の日の前の日曜市川町
「甘地の獅子舞」囃子(ばやしこ)は化粧した少年

東播磨編集

神社祭礼日所在地備考
荒井神社体育の日の前の土日高砂市荒井町
千鳥2丁目23-12
一ツ物、仁輪加太鼓、舞子、伊達下がり少女
高砂神社10月10,11日高砂市高砂町
東宮町190
神幸祭3年に1度の船渡御神事
一ツ物;厚化粧で伊達下がりの少女が先導
曽根天満宮10月13,14日高砂市曽根町
2286-1
「曽根天満宮一ツ物神事」 県指定重要無形民俗文化財
竹割り、子供ヤッサ
米田天神社10月中旬高砂市米田町
米田
天狗面の人が先導
小松原三社大神社10月中旬高砂市荒井町
小松原2286-1
練子、乗子に加え、舞子(艶麗な衣装の踊り子)も登場
生石神社10月下旬高砂市阿弥陀町
生石171
けんか神輿と、山型ふとん屋根屋台
日岡神社10月上旬加古川市加古川町
大野1755
武者行列、稚児
志方八幡宮10月中旬加古川市志方町
志方町301-2
三者三様の屋台、胡蝶の舞
平之荘神社10月中旬加古川市平荘町
山角478
獅子舞に厚化粧伊達下がり少年
上之庄神社※%10月中旬加古川市上荘町
井ノ口
乗り子も廻しを締める
御厨神社10月上旬明石市二見町
東二見1323
8台の屋台、小学生が太鼓
稲爪神社10月上旬明石市大蔵本町
6-10
「大蔵谷獅子舞」県指定重要無形民俗文化財
「囃口流し」「牛乗り」市指定重要無形民俗文化財

北播磨編集

神社祭礼日所在地備考
石上神社体育の日の前の土日西脇市板波町
4-1
「なまずおさえ神事」県指定重要無形民俗文化財
儀礼相撲
上鴨川住吉神社10月4,5日加東市上鴨川
571
神事舞」国指定重要無形民俗文化財
春日神社10月上旬加東市
上滝野
太鼓屋台、神輿、獅子舞、乙女の舞(豊栄の舞)
若宮神社10月第1日曜三木市吉川町
稲田557
「ヤホー神事」県指定重要無形民俗文化財
兵主神社10月中旬西脇市黒田庄町
岡372-2
山型布団屋台(5台)の練り子、神輿の担ぎ手、
奴役は白ネルの腰巻きに兵子帯(古式を維持)
稚児行列
大宮八幡宮#%体育の日の前の土日三木市本町
2丁目19-1
三木の秋祭り85段の石段を登っての宮入り
高峰神社10月上旬加西市
畑町
屋台5台、少女の浦安の舞
貴船神社※#%10月下旬多可町八千代区
中野間
山型布団屋台3台
糀屋稲荷神社#%10月下旬多可町中区
稲荷郷
山型布団屋台5台(夜間は電飾)
昭和初期からズボン等(それ以前は腰巻き)

西播磨編集

神社祭礼日所在地備考
大避神社10月第2日曜日赤穂市坂越
1297
神輿の船渡御通称「坂越の船祭り
国選択無形民俗文化財
赤穂八幡宮10月第3日曜日赤穂市尾崎
203
神幸式頭人行列
「獅子舞」県指定重要無形民俗文化財
梛八幡神社10月20日たつの市神岡町
沢田字梛山38
「継獅子」県指定重要無形民俗文化財
厚化粧伊達下がり少年
伊和神社10月15,16日宍粟市一宮町
須行名407
例大祭神幸祭

但馬編集

神社祭礼日所在地備考
竹田秋祭り10月上旬朝来市和田山町
竹田
大小21台の「やっさ」
但馬だが播磨に酷似
姫宮神社10月上旬朝来市生野町
生野
山型布団屋台と神輿屋根屋台
但馬だが播磨に酷似

参考文献編集

  • 播磨の祭り(北村泰生、神戸新聞総合出版センター、ISBN 978-4343000453)
    P118に、褌(廻し)を特別視する表現有り
  • 都道府県別 祭礼行事(全47巻、高橋秀雄・他、おうふう、ISBN 427302506X・他)
    兵庫P46に、まわし(廻し)を特別視する表現有り/P41、48に廻し少年登場
  • 裸祭り(矢頭保、美術出版社、1969年)図版131・135・137、P165

関連項目 編集

外部リンク 編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは播州の秋祭りにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia