Fandom

Japan

断面描写

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

断面描写(だんめんびょうしゃ)は、絵画(特にフィクション成人向け漫画に代表される)において、性行為中の女性の内・内・直腸内を断面図・または透視図状に描写する技法のこと。

純粋に医学目的の研究としては性の解剖図(Human Sex Anatomy)としてレオナルド・ダ・ヴィンチ以来、多くの医学者によって研究されてきた分野である。

概要編集

日本では刑法第175条(わいせつ物頒布罪)により、女性器または男性器の直接的・写実的な描写が禁止されているため、医学書や保健体育の教科書において掲載されている生殖器の解説図にヒントを得てこの技法が編み出され、1990年代後半に入り「ふたりエッチ」(克・亜樹)で多用されたことから一気に広まった。

基本的なパターンは、射精により膣から子宮内へ精液が流入する瞬間を描写するものであるが、子宮口側から男性器の先端を見せるなど、真横からの断面図でないアングルが描かれる場合もある。 医学的には精子が鞭毛により粘液中を泳いで膣壁に拡散し、その一部のみが外子宮口に到達するのであって、射精の勢いで流入するかのような表現は間違いであるが、かなり近代まではこのような運動が行われるとする医学上の通説も存在していた。

この技法が用いられるのはほとんどの場合において成人向け漫画や同人誌であり、成人向けOVAでは漫画に比べると数は少ない。また、アダルトゲームではコンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫)が胎内描写を禁止している関係でほとんど見られなかったが、同人ゲームでは成人向け漫画での拡大と同時期に定着。商業ベースでは、2005年からコンテンツ・ソフト協同組合(CSA)メディア倫理委員会(メディ倫)の審査によりテックアーツ系のブランド(SQUEEZ炎の孕ませ転校生」・MBS TRUTH“中出し”以外は校則違反!! 〜女子校祭・乗っ取り計画〜」他)が断面描写を導入している。

医学研究編集

医学的見地から性行為中の性器がどのような活動をしているかについての研究は古くから行われてきた。しかし、性的興奮に左右される内臓の運動を観察することの難しさから研究内容には推測が多く、研究者の主観や俗説の混入によって間違った研究結果が広まることも多かった分野であり、本格的な観察が行われるようになったのは超音波やMRIなどのリアルタイムで内臓の動きを観察できる医療機器が登場してからであった。

現在では否定されている通説だったものとして以下のような物があり、これらの説のような姿が漫画に描かれていることがある。

  • 男性の尿道口が外子宮口に密着し、精液は陰茎から直接子宮内に射精される、これがうまくいかないと不妊の原因になる。
  • 女性は性的絶頂に達すると子宮は下垂して一定のリズムで上下運動を行う。この子宮を上へ引き上げる動きは仙骨子宮靭帯という一対の非常に強力な筋肉の牽引力によるものである。 [1]
  • 女性は性的絶頂に達すると外子宮口が振り子のように動きながら子宮が精液を吸い込む。
  • 子宮で感じるのは子宮頸の中央で相対する神経帯によるもので、性器の摩擦刺激によって感じるのは仙骨靭帯の付近にある神経によるものである。
  • 妊娠中の性行為で女性が性的絶頂に達すると子宮が収縮して流産や早産の原因になる。

女性がオルガスムに達すると子宮が運動して精液を吸い込むとする説を最初に誰が唱えたかははっきりしていないが、1886年にはロンドン産婦人科協会でJ・マシューズ・ダンカン博士が子宮収縮に関する研究発表を行った記録があり、アルフレッド・キンゼイ博士のキンゼイ報告にもこの記述があることから、かなり古い時代から近年まで通説として通用していた。 1960年代には、マスターズ・W・H博士とジョンソン・V・E博士によって人口ペニスを女性の膣に挿入して膣と子宮の運動を観察する実験が行われ子宮の大きさが50-100%も変化すると発表されている。しかし、1992年にライリー博士が性行為中に超音波検診を行って調べたところでは子宮の運動は見られなかったとされ、性行為によって子宮が収縮する説を否定した。最終的に結論が出たのは1999年にオランダのフローニンゲンにあるフローニンゲン大学病院で世界で始めてMRIを使用して性交中の子宮とペニスの状態をリアルタイムで観察する実験が行われ、世界で始めて実写での断面描写動画が撮影されて、研究をまとめた論文がBMJ誌上で発表されてからで、現在では性的興奮によって子宮が運動することは無いとされている。 なお、この研究は2000年のイグノーベル賞を受賞している。

関連項目編集

出典編集

  1. 現在では仙骨子宮靭帯についている筋肉はわずかであり、子宮を上へ引き上げるような力は無いことが判明している。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia