Fandom

Japan

日本語の音韻

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

日本語の音韻は、日本語において別々のと分析される抽象的な音の全体である。これらの音韻はひとつの体系をなす。本記事では、日本語の音韻体系、また、音声学的に見た実際の発音単音連音)を中心に説明する。

仮名・音韻・音声の関係 編集

日本語において、ある音とある音が同じ音韻といえるかどうかは、その2音が別々の語を形作るかどうかで決まる。たとえば、テンプレート:IPA および テンプレート:IPA という2音は、音声学上は別々の音であるが、日本語の中で用いる場合、「からだ(体)」を テンプレート:IPA と発音しても、テンプレート:IPA と発音しても、別語にはならない。したがって、日本語では音韻論テンプレート:IPA および テンプレート:IPA を区別しないことになる。言い換えれば、日本語にはテンプレート:IPA および テンプレート:IPA を包括する概念があることになる。これを一般的には「ら行」の子音と称しており、音韻論上の表記(音素表記)では /r/ と記している。/r/ は、場合によって、また人によって、テンプレート:IPA, テンプレート:IPA, テンプレート:IPA, テンプレート:IPA などさまざまに発音されるが、その違いは日本語の音韻としてはまったく問題にならない。

日本語の音韻というものを上のように規定すると、これは結局、仮名で区別されるものとほぼ同じであることになる。仮名が日本語を表音的に表記する文字といわれるゆえんである。ただし、仮名は、日本語の音韻と完全に一致しているわけではない。たとえば、「お」と「を」は別々の仮名であるが、日本語の標準音としてはどちらも テンプレート:IPA で発音される。また、「とうし(投資)」と「とおし(通し)」の2文字目はそれぞれ「う」と「お」で表記されているが、どちらの語も テンプレート:IPA と発音される。

音韻体系 編集

日本語の音韻体系は、およそ次のようにまとめられる。

直音母音 
 
直音子音+母音)拗音 
きゃ きゅ きょ清音
しゃ しゅ しょ(清音)
ちゃ ちゅ ちょ(清音)
にゃ にゅ にょ 
ひゃ ひゅ ひょ(清音)
みゃ みゅ みょ 
りゃ りゅ りょ 
が ぎ ぐ げ ごぎゃ ぎゅ ぎょ濁音
(か゜ き゜ く゜ け゜ こ゜)(き゜ゃ き゜ゅ き゜ょ)鼻濁音
ざ じ ず ぜ ぞじゃ じゅ じょ(濁音)
だ で ど (濁音)
ば び ぶ べ ぼびゃ びゅ びょ(濁音)
ぱ ぴ ぷ ぺ ぽぴゃ ぴゅ ぴょ半濁音
直音半子音+母音)  
  
  
特殊モーラ  
撥音  
っ(促音  
ー(長音  
  • 以上が、一般的な数え方であるが、専門家によってその総数は若干異なる。たとえば、金田一春彦は、上の音韻に加えて、「(うぉ)」「てぃ」も日本語に存在すると認めている。[1]
  • 「みゅ」の音が含まれる単語は、外来語擬音語を除くと「小豆生田(おまみゅうだ)」というの一例のみである。[2]

単音の発音 編集

直音 編集

あ段 い段 う段 え段 お段
あ行 あ=[a] い=[i] う=[ɯ] え=[e] お=[o]
か行 か=[ka] き=[ki] く=[kɯ] け=[ke] こ=[ko]
さ行 さ=[sa] し=[ɕi] す=[sɯ] せ=[se] そ=[so]
た行 た=[ta]ち=[ʨi] つ=[tsɯ] て=[te] と=[to]
な行 な=[na] に=[ni] ぬ=[nɯ] ね=[ne]の=[no]
は行 は=[ha] ひ=[çi] ふ=[ɸɯ] へ=[he] ほ=[ho]
ま行 ま=[ma] み=[mi] む=[mɯ] め=[me] も=[mo]
や行 や=[ja] ゆ=[jɯ] よ=[jo]
ら行 ら=[ɾa] り=[ɾi] る=[ɾɯ] れ=[ɾe] ろ=[ɾo]
わ行 わ=[ɰa] ゐ=[i] ん=[n,m,ŋ] ゑ=[e] を=[o]
が行 が=[ga] ぎ=[gʲi] ぐ=[gɯ] げ=[ge] ご=[go]
ざ行 ざ=[za] じ=[ʑi] ず=[zɯ] ぜ=[ze] ぞ=[zo]
だ行 だ=[da] ぢ=[ʥi] づ=[dzɯ] で=[de] ど=[do]
ば行 ば=[ba] び=[bi] ぶ=[bɯ] べ=[be] ぼ=[bo]
ぱ行 :ぱ=[pa] ぴ=[pi] ぷ=[pɯ] ぺ=[pe] ぽ=[po]

促音(っ)は、子音記号と母音記号との間に長音記号(ː)を入れて表記するか、子音記号を重ねて表記する。例えば、かった=[katːa]もしくは[katta]。後者のほうが一般的。

拗音 編集

外来音でないもののみを記述する。外来音も含めると、拗音は無数に存在する。

あ段 う段 お段
か行 きゃ=テンプレート:IPA きゅ=テンプレート:IPA きょ=テンプレート:IPA
さ行 しゃ=テンプレート:IPA しゅ=テンプレート:IPA しょ=テンプレート:IPA
た行 ちゃ=テンプレート:IPA ちゅ=テンプレート:IPA ちょ=テンプレート:IPA
な行 にゃ=テンプレート:IPA にゅ=テンプレート:IPA にょ=テンプレート:IPA
は行 ひゃ=テンプレート:IPA ひゅ=テンプレート:IPA ひょ=テンプレート:IPA
ま行 みゃ=テンプレート:IPA みゅ=テンプレート:IPA みょ=テンプレート:IPA
ら行 りゃ=テンプレート:IPA りゅ=テンプレート:IPA りょ=テンプレート:IPA
が行 ぎゃ=テンプレート:IPAぎゅ=テンプレート:IPA ぎょ=テンプレート:IPA
ざ行 じゃ=テンプレート:IPA じゅ=テンプレート:IPA じょ=テンプレート:IPA
だ行 ぢゃ=テンプレート:IPA ぢゅ=テンプレート:IPA ぢょ=テンプレート:IPA
ば行 びゃ=テンプレート:IPA びゅ=テンプレート:IPA びょ=テンプレート:IPA
ぱ行 ぴゃ=テンプレート:IPA ぴゅ=テンプレート:IPA ぴょ=テンプレート:IPA

特殊な発音 編集

エイ(ei)、オウ(ou)は普通、エー(eː)、オー(oː)と発音される。

また、「ヂ」は「ジ」に、「ヅ」は「ズ」に置き換えて発音する場合が多い。

参考文献 編集

  1. 金田一春彦 (1991)『日本語の特質』(NHKブックス)
  2. 原典不明。金田一春彦 (1991)『日本語の特質』(NHKブックス)にも記載されている。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia