Fandom

Japan

明日、ママがいない

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。


明日、ママがいない
ジャンル: テレビドラマ
放送時間: 水曜日22:00 - 23:00
放送分: 60分
放送枠: 水曜ドラマ (日本テレビ)
放送期間: 2014年1月15日 - 3月19日(予定)
放送国: 日本
制作局: 日本テレビ
製作総指揮: (チーフプロデューサー)
伊藤響
演出: 猪股隆一
長沼誠
鈴木勇馬
脚本: 野島伸司(脚本監修)
松田沙也
プロデューサー: 福井雄太
難波利昭
出演者: 芦田愛菜
鈴木梨央
音声: ステレオ放送
字幕: 文字多重放送
データ放送: 連動データ放送
EDテーマ: コトリンゴ「誰か私を」
外部リンク: 公式サイト
特記事項 = 初回は20分拡大(22:00 - 23:20)。

明日、ママがいない』(あした、ママがいない)は、日本テレビの制作で2014年1月15日から毎週水曜日22:00 - 23:00[注 1]JST)に、「水曜ドラマ」枠で放送されている日本のテレビドラマ。主演は芦田愛菜

キャッチコピーは、「捨てられたんじゃない、わたしたちが捨てたんだ。」「今、君の隣にママはいますか―?」。

概要 編集

児童養護施設を舞台に、様々な事情で親と離れた子どもたちの目線から「愛すること」・「愛されること」をテーマにしたサスペンスドラマ。

同枠『Mother』に出演した芦田愛菜と同枠『Woman』に出演した鈴木梨央はこのドラマが初共演となる[1]

2014年1月11日ニコニコ生放送にて1万人限定でネット試写会が行われた。放送終了後からGyao!Youtubeの日テレチャンネル等で一週間限定で最新話が無料配信されている。

あらすじ 編集

#エピソードリストを参照。

登場人物 編集

グループホーム「コガモの家」 編集

※ 登場人物の括弧内はドラマ上の年齢。役名は公式HP及び劇中クレジットより引用。

ポスト〈9〉
演 - 芦田愛菜
施設の子どもたちのリーダー的存在。仇名は赤ちゃんポストに預けられていたことに由来し、母親の顔を知らずに育つ。普段はクールに歯に衣着せない態度を見せるが、「お試し」で預けられた先の里親には外づら良く接する。また施設の子どもたちには面倒見よく接している。
ドンキ / 真希(まき)〈9〉
演 - 鈴木梨央
母・涼香が傷害事件で逮捕されたため「コガモの家」に預けられ、その後涼香の結婚を機に捨てられて、正式に「コガモの家」の一員となる。「ドンキ」の仇名は、母の罪状が恋人を鈍器(灰皿)で殴ったというものであることに由来。
入所当初はポストの言葉に反発し、母親が迎えにきてくれることを信じて待っていたが、捨てられたことでポストらとともに現実を生きていくことを決意。
ピア美〈9〉
演 - 桜田ひより
ポストを尊敬しており、両親が蒸発して入所した。仇名はピアノが得意なことに由来。おしゃれ好きでお喋り。高飛車な口調だが、意味を知らずに大人びた言葉を使う耳年増の傾向がある。
ボンビ〈9〉
演 - 渡邉このみ
ピア美と同様にポストを尊敬しており、家庭の経済的事情で入所した。仇名は「貧乏」に由来。おっとりした性格で、妄想癖がある。部屋にアンジェリーナ・ジョリーブラッド・ピットの写真を飾り、理想の両親としている。
オツボネ〈17〉
演 - 大後寿々花
左目に眼帯を付けており、常にウサギのぬいぐるみを持ち歩いている。仇名は長く施設で暮らす「お局」から由来。年下のポストに頼っており、自分のもらい手が現れない焦りから、無意識に施設の食料を漁る癖がある。
パチ
演 - 五十嵐陽向
きよみ幼稚園に通う幼稚園児。母親の匂いが残るシャンプーボトルを常に手にしている。ポストとは母子のように仲が良い。
ハン
演 - 阪本光希
リュウ
演 - 阪本颯希
上記2名は施設で暮らす双子の兄弟。
ロッカー〈21〉
演 - 三浦翔平
施設の卒業生で、職員兼調理員[2]として働く。仇名はコインロッカーベイビーであったことに由来。全く口をきかず感情は読めないが、子どもたち及び佐々木にとって心の許せる聞き役になっている。
佐々木 友則(ささき とものり)〈48〉
演 - 三上博史
施設長。足を引きずって歩き、常にステッキを手にしている。舌打ちが癖。子供たちを「里親のペット」と断言し、恫喝や体罰を以って非情に接する。なんらかの過去により「108人の子供を里子に出す」ことを行動原理としている。

児童相談所 編集

水沢 叶(みずさわ かない)〈25〉
演 - 木村文乃
職員。常に無表情で生気が見られず、子供・里親問わず淡々と接する。子どもたちの幸せを第一に願っており、子どもにも親を選ぶ権利があるとの信念の下、本来なら規則違反とされる里親候補の資料を佐々木に見せている。


また、彼女の過去が明かされたのは2話で里親の両親に出掛けの準備を『早くしなさい』と強く手を引っ張られたことから誰とも『手を繋げなく』なってしまったと佐々木と職員のロッカーの前で告白した。


そんな辛い過去があり『暴力』という言葉に反応をしてしまい6話でロッカーの警察沙汰になった時、彼を理由はどうであれ暴力を振るったと彼女はロッカーと距離を置いたが追々、真相を知り、一番信用できなかった自分を後悔していた。


同6話でロッカーの母親の火葬場では大粒の涙を流すロッカーに自分から震える手を抑えつつも手を握れた。


回が進むにつれ彼女は自ら自分の弱いところをロッカーに見せるようになる。


7話では『アイスドール…氷の人形が涙なんて…』と涙を流しながらロッカーに弱音を吐きだすなど『氷のような心』がロッカーにより徐々に溶かされ始める。


また、最終話では婚約を解消したとロッカーに報告をして4話で『愛情…そんなものは本当にあるのかしら?』という台詞や5話での『私達に守るものはあるのかな?』の台詞の続きで『愛って何なのかまだ分からなのかも…』と言い、『(守るものは)プライド…私達は可哀想なんかじゃない!』と感情を露わにする場面も。


将来は子供達の為にも戦う…『市議会員』に立候補をすると決意を最終話で明らかにした。




その他 編集

涼香
演 - 酒井美紀
ドンキの実母でシングルマザー[注 2]。恋人を相手に傷害事件を起こし逮捕される。後に、その恋人と結婚するため、邪魔になったドンキを「コガモの家」で暮らすよう勧める。
東條 祐樹(とうじょう ゆうき)〈28〉
演 - 城田優
ボンビが外で見かけた男性で、子どもたちに「理想の親」と憧れられている。
東條の妻
演 - Mailys Robin
笹塚 蓮(ささづか れん)
演 - 藤本哉汰
横浜市立川浜小学校児童。ピア美とは同級生で、彼に好意を持っている。
謎の女性〈40〉
演 - 鈴木砂羽
佐々木が通い詰める弁当屋で働く。

ゲスト 編集

第1話 編集

ダイフク / 小田中 鉄也(こたなか てつや)
演 - 田中奏生
「コガモの家」出身者。仇名は親が大福を手土産に預けてきたことに由来。気弱な性格。ラーメン店主夫婦のもとに「お試し」を経て里子となった。
加藤 一郎
演 - 店長松本
加藤 久子
演 - 池津祥子
上記2名は中華食堂「末広軒」を夫婦で営む。ダイフクの里親。
細貝 晴美
演 - 櫻井淳子
細貝
演 - 西村和彦
上記2名はポストの里親候補者。

スポンサー 編集

スポンサーとはこの番組の提供者のことである。本番組はこの者たち意思により、明確な意志を持って放送されたものであると言え、非常に重要な情報であると言える。第1回オープニングタイトル直後(番組開始より9分後あたり)より抜粋。[3]

撮影協力 編集

撮影協力社を公平に記する。第1回エンディングのスタッフロールより抜粋。[4]

衣装協力 編集


スタッフ 編集

  • 脚本監修 - 野島伸司
  • 脚本 - 松田沙也
  • 音楽 - 羽毛田丈史
  • 演出 - 猪股隆一、鈴木勇馬 / 長沼誠(日テレアックスオン)
  • 主題歌 - コトリンゴ「誰か私を」(commmons
  • 演出補 - 田部井稔、後藤克樹
  • タイトルバック - 西村了
  • スタントコーディネーター - 出口正義
  • カースタント - 佐藤秀美
  • 児童養護施設監修 - 岡本忠之
  • ダンス指導 - あさづきかなみ
  • ピアノ指導 - 東ゆかり
  • ピアノ吹替 - 松崎加奈
  • チーフプロデューサー - 伊藤響
  • プロデューサー - 福井雄太、難波利昭(日テレアックスオン)
  • ラインプロデューサー - 大塚泰之
  • プロデュース補 - 渡邉美都、大護彰子
  • 制作協力 - 日テレアックスオン
  • 製作著作 - 日本テレビ

放送日程 編集

  • 第1話
    • 放送: 2014年1月15日
    • エピソードタイトル: 愛を失った少女。捨てられたんじゃない 私が親を捨てたんだ
    • 演出: 猪股隆一
    • 視聴率: 14.0%[5]
    9歳の少女真希は、母親が傷害事件を起こし「コガモの家」と称する不穏な雰囲気のグループホームに預けられる事になる。「魔王」こと佐々木 友則が取り仕切るその施設には厳しい規則が敷かれ、里親は子ども達が候補から選び、数日間の「お試し」を経て養子縁組を決めるという風変わりな場であった。そして子ども達は「親からもらったものは全て捨てた」と、リーダー的存在の少女ポストをはじめ、皆で付けたあだ名で呼びあっていた。良い里親に引き取ってもらい、新しい家族で幸せになりたいと願う子どもたちに対し、真希は違和感を感じ反発するが、後に自分も母親に捨てられた存在になったことを知る。ポストは「自分が親を捨てたんだ」と諭し、真希も名前を捨てドンキとして施設で暮らすことを決める。

番組への反応 編集

初回放送後、国内唯一の赤ちゃんポスト「こうのとりのゆりかご」を運営する慈恵病院が、「フィクションだとしても許される演出の範囲を超えている」として、番組の放送中止や内容の再検討などを求めた[6]。また、赤ちゃんポストに預けられていた子供が「ポスト」と呼ばれることについては、「精神的な虐待、人権侵害にあたる」と批判。養護施設の描き方についても「職員が子どもに暴言を吐き、泣くことを強要するなど現実と懸け離れたシーンが多すぎ、誤解や偏見、差別を与える」として、子どもたちや職員への謝罪を求めた[7]。劇中では施設長が「泣いた者から食べていい」「おまえたちはペットショップの犬と同じだ」などと言うシーンがあった[8]。今後はBPOへの審議申し立ても検討している。全国600箇所の児童養護施設が加盟する全国児童養護施設協議会も、「子供を動物扱いし、平手打ちやバケツを持たせて立たせる行為は施設内虐待に当たる。里親制度も実態と違う」「番組の舞台は国が進めようとしている地域に根差したグループホームであり、番組の体罰的な場面から国民や世論の理解も得づらくなる」とし、「いくらフィクションでも、子供や親、職員の人権を侵害している」として、日本テレビに抗議文を出す予定[9]

一方、日本テレビ総合広報部は「慈恵病院が会見を行われたことは承知しております」とした上で、「ドラマは子どもたちの心根の純粋さや強さ、たくましさを全面に表し、子どもたちの視点から『愛情とは何か』を描くという趣旨のもと、子どもたちを愛する方々の思いも真摯に描いていきたい」として第2回以降も予定通り放送を続けるとし、「ぜひ最後までご覧いただきたいと思います」とコメントした[10]。関係者は「全話を見ていただくとわかってもらえると思う。そういう受け止め方をされたのは残念」と話した[11]

視聴者の間でも賛否両論が起こった。

  • 特に児童養護施設の関係者という人々からは、「こんなのあり得ません。もっと子供たちは純粋だし、職員は親元にいつか返すために本当に頑張ってるし」「いくらドラマだからってもう少し内実を知って、脚本書いてほしい」「今後施設児童が『親がいない、離れて暮らしている』ってだけで、学校で虐めやペット扱いされたり、同情されたりしたら許せない」[12]という意見や、「ドラマの中のようなやりとりを児童相談所の福祉司がしていることはありえない」「施設や里親宅で、今現在生活している子どもたちは全国にたくさんいる。子どもたちが悲しい思いをしないよう配慮してほしい」という要望が出ている[13]。また、赤ちゃんポストを運営している組織が国内に1つしかないことから、「ドラマ内で特定の病院名を出していなくても、視聴者が実在する赤ちゃんポストを連想してしまう」という点も指摘されている[14]
  • 一方、「子役の演技には感動した」「作品にのめり込んでしまった」「あの施設は何かワケアリで普通の児童養護施設じゃないっていうのは職員じゃなくてもわかるわ。フィクションドラマをマジに捉えるほうが馬鹿馬鹿しいしそんなこと言い出したらきりがない」「これから子ども達がどう立ち上がるか、職員はどう考えてあんな立ち回りをしてるのか、ホントは施設の子どもも職員に見せてない顔があるかも、注目するのはそこでしょ」など、ドラマを支持する声も上がっている。また、施設で育ったという人からも「施設は最初、あのドラマみたいに怖かった。職員も悪魔に見えた。だから大人の視点ではなく子供の視点でドラマにしてくれてめっちゃ感謝してる」「共感する部分も沢山あり、涙が止まりませんでした」「いいドラマだ!絶対幸せになってやる!」「『施設の実情はうんたら~』とか『施設というものが誤解される』とか言ってる大人ども!施設育ちのわたしからしたら、そんな事どうだっていいんだよ!」といった書き込みもある[15][16][17]
  • その他、「何もドラマの内容がすべて真実に基づいているとは誰も思っていないと思います。刑事ドラマや医療ドラマしかり、あくまでもドラマとして見ています」「『真実と違う』みたいな意見が多いですが、視聴者だってそこは分かってると思いますけど。ドラマがすべて真実なんて思ってる人いないでしょう」と冷静な見解もある[18]

また、芸能人からもTwitterブログで意見を表明する動きが広がっている。

  • 博多華丸は「明日 ママがいない 僕がいうとスナック常連客の独り言のようですが 釘付けです。 芦田愛菜ちゃん 凄い!!」とツイートした。ベッキーは「芦田愛菜ちゃん、すごすぎません?」、鈴木まりやも「芦田愛菜ちゃんてすごい…」とつぶやき、吉木りさは「想像をはるかに超えた真に迫る言葉の伝え方に脱帽せざるを得ませんでした」と称賛した[19]
  • 山田善しCOWCOW)は「日テレのドラマ『明日、ママがいない』はすごくいいドラマだと思いました。作品としてのディフォルメは仕方ないとしても、あれをみて擁護施設はひどいところだとかは一切思わない。ひどいのは子供を捨てる親やろ。2話目以降も期待しています」とツイートした。エハラマサヒロはそれに対し「同感です、久々にいいドラマに出会いました」と応援するツイートをアップした[20]
  • 春名風花は「尊敬する女優さんに芦田愛菜さんの名前を挙げたくなりました。芦田さんは日本の子役界の財産であり、誇りです。素晴らしかった!」と称えた[21]

撮影協力 編集

第1話のエンディングのスタッフロールより抜粋。

脚注 編集

  1. 芦田愛菜、鈴木梨央と初共演!母なき少女役で連続ドラマ主演! オリコン2013年11月29日
  2. 公式HP「ロッカーレシピ」より
  3. 明日、ママがいない - メディカルウェア
  4. 明日、ママがいない - メディカルウェア
  5. 芦田愛菜&鈴木梨央初共演「明日、ママがいない」14・0%の好スタート スポーツニッポン 2014年1月16日閲覧。
  6. 日本テレビ ドラマの“あだ名”に児童養護施設が抗議 TBS News i 2014年1月16日
  7. 日テレのドラマ 不適切と抗議 NHK NEWS WEB 2014年1月16日
  8. ドラマ「明日、ママがいない」に中止要請 日刊スポーツ 2014年1月16日
  9. ママがいない:養護施設協も抗議へ「フィクションでも…」 毎日新聞 2014年01月16日
  10. 赤ちゃんポスト運営病院、日テレドラマに抗議へ 朝日新聞 2014年1月16日
  11. 愛菜ちゃん主演ドラマに「人権侵害だ」 デイリースポーツ 2014年1月17日
  12. 野島伸司監修ドラマ「明日、ママがいない」に大反響 「児童養護施設はこんな所じゃない!」怒りの声も J-CASTニュース 2014年1月16日
  13. 抗議ドラマの掲示板では賛否両論 東京スポーツ 2014年01月17日
  14. 猛抗議で中止必至 日テレ「明日、ママがいない」のエグさ 日刊ゲンダイ 2014年1月17日
  15. 芦田愛菜主演『明日、ママがいない』に放送中止要請 「差別的」との批判に賛否両論
  16. 抗議あったドラマ「明日、ママがいない」のHP掲示板では賛否両論
  17. 野島伸司監修ドラマ「明日、ママがいない」に大反響 「児童養護施設はこんな所じゃない!」怒りの声も J-CASTニュース 2014年1月16日
  18. 日テレ養護施設ドラマに賛否!「子どもに配慮を」「あくまでドラマ」 スポーツニッポン 2014年1月16日
  19. 賛否両論の「明日、ママがいない」……芸能人の間でも大反響「釘付け」「脱帽せざるを得ない」
  20. 抗議ドラマに芸人続々反論、いいドラマ
  21. はるかぜちゃん 芦田愛菜を絶賛「日本の子役界の財産、誇り」

注釈 編集

  1. 初回は20分拡大(22:00 - 23:20)。
  2. 第1話より、ドンキは妻のいる男性との子であったことが語られている。

関連項目編集

外部リンク 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia