Fandom

Japan

時代考証

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

時代考証(じだい こうしょう)とは、映画テレビの時代劇や時代小説などで描かれる歴史的な過去の言葉遣い名称や呼称生活習慣建築様式美術様式政治制度などが、史実として適正なものか否かについてを検証すること。

専門分野に応じて美術考証(びじゅつ こうしょう)・衣装考証(いしょう こうしょう)などともいい、また略して単に考証(こうしょう)ともいう。

時代劇 編集

化粧・結髪・衣装編集

時代劇映画テレビドラマにおいては、1960年代まではお歯黒引眉を行う場合が多かったが、すでに過去の習慣であり、またお歯黒・引眉が不気味と思われる等、現代人に受け入れられにくいことから、現在ではお歯黒・引眉に該当する役柄でもお歯黒・引眉をすることは一部の役を除きないといって良い。

また、三百年の期間を包括する江戸時代を描いた作品においてはおおむね時代観が一様で、本来ならふんどしであるべき男性の下着が猿股になったり、江戸前期の元禄時代の物語なのに髪型が江戸後期の幕末仕様だったりすることもある。その一方で、女性の日本髪は以前は全鬘が一般的だったがハイビジョン収録の一般化に伴い生え際が自然に見える部分鬘を使うようになった。

また代官目明し同心小者などの役職や屋台など、衣装・風俗等については専門の考証家が担当することもあるが、厳密な考証なしに描写されていることもある。

台詞・振り付け・等編集

また、日本刀打刀では斬撃、抜刀、納刀など元来ほとんど音がしないため、それまで無音であったものが、映画七人の侍』などのころから効果音が必ず入れられるようになった。

また、登場人物同士の呼び方についても、今日では歴史的人物の実名(諱)が一般的であるが、江戸時代以前においては通称や官名を用いて呼び合うことが一般的で、(例えば関ヶ原合戦前後の政治状況を描く場合、豊臣政権における五大老筆頭の徳川家康を「家康殿」と呼ぶことはありえず、通常は官職名「内府殿」などを用いる)、それを忠実に再現すると一般視聴者の登場人物識別に混乱を招く可能性があり、作品によっては実名を用いた呼び方を行っている。

馬についても、明治以前の日本のは体高の低い日本在来馬で、近代以降に導入されたサラブレッドなど存在しなかったのだが、日本在来馬はあまりに貴重で時代劇の撮影に使用できず、体格的に見栄えがしないためサラブレッドが使用されている。

著名な時代考証家 編集

時代劇以外 編集

時代劇以外でも時代考証の必要は当然存在する。たとえば第二次世界大戦の日本軍を舞台にした映画で、主演の二枚目俳優が長髪で登場し批判された例がある(日本軍人は米内光政のような例外を除き丸刈りが普通だった)。

関連項目 編集

関連書籍 編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは時代考証にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia