Fandom

Japan

松原神社例大祭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

松原神社例大祭(まつばらじんじゃれいたいさい)は、神奈川県小田原市で開催される祭りである。

ファイル:2mikosi stan.JPG
ファイル:Odwr3mikoshi.JPG

小田原駅周辺の5神社(松原神社大稲荷神社山王神社居神神社下府中神社連合会賀茂神社、他))による例大祭が5月の3日から5日まで行われる。以前は神社毎に別々に行われていたが、小田原北條五代祭りの開始に合わせて統合開催されるようになった。

規模は松原神社だけでも氏子28区あり、そのほとんどの神輿は小田原流(小田原担ぎ)と呼ばれる独特な担ぎ方で渡御される。

3日の北條五代祭り武者行列の最後に5神社の連合渡御が行われ、神社神輿による合体が見られる。松原神社では町会神輿の御霊入れが同日夕方から行われ、実際には4日から山車の運行や神輿の渡御が行われる。

海沿いの町会では浜降りも行われる。近年では有志の地区で『神輿によるタイムレース』も行われるようになった。

最も見応えがあるのは'5月5日昼頃の小田原駅前'と夜の各神社の宮入で神輿と山車と人で溢れかえる。 特に5日昼過ぎの小田原駅周辺は松原神社大稲荷神社の氏子区域が複雑に入り組み重なる部分もあるため、見渡す限り両神社の神輿と山車だらけになる。

大稲荷神社では天狗と小学生~中学生の巫女が、居神神社では高校生の巫女が登場し花を添える。

問題点 編集

5月4~5日は小田原市内中心部は山車神輿の運行があるが、小田原市が3日の北條五代祭りしか告知しないため、毎年必ず、知らないで通過する車が渋滞に巻き込まれたり、祭典参加者とのトラブルになっている。

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは松原神社例大祭にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Shinto-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia