Fandom

Japan

校正畏るべし

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

校正畏るべし(こうせいおそるべし)は、同音である論語の言葉「後生畏るべし」をもじった言葉で、校正作業に不備があると重大な不祥事を招くことがあるという警句。一説に、明治時代の劇作家福地桜痴が最初に使い、「校正畏るべし(校正可畏)」に続けて論語の「後生畏るべし(後生可畏)」に続く文をもじって漢詩を作ったとされる。

校正の不備によって起こりうる事態編集

たとえば新聞で本文、写真、見出しの取り違いや、主語や述語の誤りがあるまま記事になると、誤解を生み出し、何の罪もない人が疑いをかけられたり、生きている人が死亡したと思われるなどのことが起こりうる。

数値の誤りで、たとえば医薬品の用量の表記に誤りがあると、実際の規定量以上に服用してしまい、副作用を起こすなどの被害が起こる。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia