Fandom

Japan

深川祭

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

深川祭(ふかがわまつり) 東京都江東区富岡八幡宮の祭礼で、毎年8月15日を中心に行われる。神田祭山王祭と並んで江戸三大祭の一つとされ、深川八幡祭とも呼ばれている。暑さ避けに水を掛けることから別名「水掛け祭り」とも呼ばれる。3年に1度、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は本祭りと呼ばれる。また、宮入り、宮出しで各町の氏子が各々、町神輿を担いで繰り出し、連合渡御する様は壮観である。

概要編集

ファイル:Mikoshi tomiokahachimagu.jpg
ファイル:Statue of Ino Tadataka, Tokyo.JPG

祭礼は、毎年8月15日を中心に行われ、例祭(境内で完結)は毎年行われる。正式には「富岡八幡宮例大祭」と呼ばれ、江戸時代から、赤坂日枝神社山王祭神田明神神田祭と並ぶ「江戸三大祭」の一に数えられている。

本祭り編集

3年に1度(前回は2005年平成17年)、今回の2008年(平成20年)、次回は2011年(平成23年)の予定だったが東日本大震災の影響で神幸祭と連合渡御は2012年に延期が決定)、八幡宮の御鳳輦が渡御を行う年は「本祭り」と呼ばれ、江戸三大祭のそれぞれについて「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」と言われてきたように、大小あわせて120余基の神輿が担がれる。8月15日に最も近い日曜日(2008年は8月17日)、大神輿54基が勢揃いする連合渡御が行われる。各町の氏子が午前7時から午後5時まで江東区から中央区にかけて約10キロメートルの道程を各町の神輿を担いで歩くさまは壮観であり、「勇壮なること天下無双」と言われている。神輿のお清めと担ぎ手の暑さ対策のために次々に神輿に水がかけられることから、「水かけ祭り」の別名もある。

なお、2008年の連合渡御には、平泉世界文化遺産登録祈念して、平泉の神輿が特別に参加した。

担ぎ手の声は、昔ながらの「ワッショイ」に統一され、「コリャサ」、「ドッコイ」といった合いの手も入る。今では珍しくなったが、地元の睦会や青年部が中心になって祭りを盛り上げている。尚、殆どの町内で担ぎ手にふんどしを禁止し半タコ、又は股引着用を指示してるため、ふんどし着用者は極少数である(戦前には既に半タコが主流になりつつあった)。

途中の中央区新川(茅場町駅付近)からは厚化粧して日本髪(刷毛先)のを被り、本格的な衣装を着た妙齢の女性の手古舞が加わり華を添える。この手古舞は江東区の登録無形民俗文化財(民俗芸能)に指定されてる[1]

本祭りの翌年編集

本社の一の宮神輿は日本最大神輿として有名であり、神輿倉に展示されているが、あまりに大きいが故に交通事情から、1991年(平成3年)に初渡御が行われただけで実用ではなく展示品としての扱いであり、本祭りの翌年の例大祭では、一回り小さい本社の二の宮神輿が担がれる。

同じ年には深川神明宮の大祭(金曜日に稚児行列が行われる以外は祭りの内容は類似する、但し、こちらは担ぎ手に、ふんどしの割合が多い)が行われる。

本祭りの前年編集

その翌年、すなわち本祭りの前年の例大祭では、子供神輿の連合渡御が行われる。

参考文献編集

関連項目編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは深川祭にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは富岡八幡宮にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Event-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia