Fandom

Japan

灌仏会

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

テンプレート:Buddhism

ファイル:A birthday of Buddha,hanamatsuri,kanpukuji-temple,katori-city,japan.JPG

灌仏会(かんぶつえ)は、釈迦の誕生を祝う仏教行事である。日本では原則として毎年4月8日に行われる。

釈迦ゴータマ・シッダッタ)が旧暦の4月8日に生まれたという伝承に基づく。降誕会(ごうたんえ)、仏生会(ぶっしょうえ)、浴仏会(よくぶつえ)、龍華会(りゅうげえ)、花会式(はなえしき)、花祭(はなまつり)の別名もある。

日付編集

釈迦誕生の時に、龍が天から飛来して、香湯(ソーマアムリタ)をそそいだという故事に基づくものである。本来は旧暦で行われるものであるが、日本では近年は新暦で、又は、それに近い日曜日に行われることが多くなってきている。寒冷地では月遅れの5月に実施する場合もある。韓国では現在でも旧暦で行われており、「釈迦誕生日」として法定祝日となっている。これはクリスマスが法定祝日となっていることから、一つの宗教だけを特別扱いしないための配慮である。

仏誕に関しては、2月8日インド暦第二の月・ヴィシャーカー)説もある。

風習編集

日本では、様々な草花で飾った花御堂(はなみどう)を作って、その中に灌仏桶を置き、甘茶を満たす。誕生仏の像をその中央に安置し、柄杓で像に甘茶をかけて祝う。甘茶をかけるのは、釈迦の誕生時、産湯を使わせるために9つの竜が天から清浄の水を注いだとの伝説に由来する。

宗派に関係なくどの寺院でも行う[1]。又、複数の宗派の複数の寺院で共同、又は持ち回りで開催する場合もある。甘茶は参拝者にもふるまわれ、甘茶で習字をすれば上達すると言われたり、害虫よけのまじないを作ったりもする。南伝仏教やチベット仏教では5月頃に行うウェーサーカ祭やサガダワ祭が灌仏会に相当する。[2]

なお、花まつりの名称は、丁度が満開になる頃である事から明治時代浄土宗で採用された呼称で、それ以来、宗派を問わず灌仏会の代名詞として用いられている。寺が経営している幼稚園保育園では、こちらの名称の方がよく知られている。子どもたちにとっては、甘茶をいただく日。又、稚児行列を出す寺も多い。仏教系の学校でも行う場合がある。

失敗して物をダメにする事を「おしゃかになる」と表現するが、これは灌仏会に因むものである。江戸の鍛冶職人の隠語として、あぶり過ぎて鈍ってダメにしてしまった金物に対して、江戸っ子訛りで「しがつよかった(火が強かった)」→「四月八日だ」→釈迦の誕生日、というつながりで成立したとされる。

稚児行列が登場する花まつり編集

関連項目編集

参考文献編集

  • 片茂永「花祭りの創出・軍国調・衰弱」『文明21』第13号,愛知大学,2004年.
  • 片茂永『初八日民俗論』民俗苑(ソウル),2002年.
  • 日本民俗大辞典(全2巻、吉川弘文館、ISBN 4642013334、他)下P383~384
  • 風俗辞典(東京堂出版、1957~81年)P589~590

脚注 編集

  1. 但し釈迦を本仏としない富士門流日蓮正宗等)は除く
  2. 一方、日蓮正宗では日蓮の誕生日にあたる2月16日に「御誕生会」が行われ、大石寺では御影堂での法要の後、五重塔で御塔開きのお経が行われる。

外部リンク編集

この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。


Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは灌仏会にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Buddhism-stubbg:Рожден ден на Буда

de:Kanbutsue en:Buddha's Birthday fi:Hana matsuri fr:Anniversaire de Bouddha ko:부처님 오신 날wa:Ans då Bouda zh:佛誕

Fandomでも見てみる

おまかせWikia