Fandom

Japan

灘のけんか祭り

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

テンプレート:統合文字

ファイル:Nadanokenkamatsuri.jpg

灘のけんか祭りは、兵庫県姫路市白浜町松原八幡神社で行われる秋季例大祭の通称である。毎年10月14日・15日に行われる。一の丸、二の丸、三の丸からなる3基の神輿をぶつけ合わせる神事と、旧7ヶ村の絢爛豪華な屋台が激しく練り競う勇壮な屋台練りが行われる。「松原八幡神社秋季例祭風流」として、姫路市と兵庫県の重要無形民俗文化財に指定されている。また、旧松原村の獅子屋台の太鼓の音は「日本の音風景100選」に選ばれた。

祭神 編集

祭礼の流れ編集

ファイル:Nadanokenkamatsuri-yatai.jpg
  • 宵宮 10月14日

昼前ごろから、東山から順に木場、松原、八家、妻鹿、宇佐崎、中村の旧7ヶ村の屋台が神社に宮入りする。その後は日が暮れる頃まで、各村の屋台同士が練り競う「練り合わせ」が行われる。神社境内には、この日のためだけに使われる観覧席が設けられていたり、屋台練りや練り合わせを見ようと多くの人で賑わう。夕方になると各屋台には提灯や電飾が点される。

  • 本宮 10月15日

本宮は、早朝の露払いからはじまる。松原の獅子御幣を授けられ、神社境内、御旅山山麓の広畠で幣舞を舞う。練り播(神輿を担当する村。旧7ヶ村の輪番制)の村では、早朝の海に入って海水で心身を清める潮かきが行われる。

ファイル:Nada no Kenka matsuri 09.jpg

この日は朝から屋台が宮入りし、神社前の広場で練り合わせを行う。ただし、練り番に当たる村は、屋台の宮入りを行わず、最後に3本の神輿を掲げて宮入りをする。全ての村の宮入り後、神様の移った3基の神輿が練り番の村によって拝殿から練り出され、神社境内において神輿をぶつけ合う神事が行われる。

ファイル:Nada no Kenka matsuri 10.jpg
ファイル:Nada no Kenka matsuri 07.jpg

その後、松原の獅子屋台、神官、神輿、屋台の順に、西方にある御旅山へと向う。御旅山山麓の広畠でも、神輿のぶつけ合い、屋台の練り合わせが繰り広げられる。練り合わせを行った後、獅子屋台、神輿、各屋台はそれぞれ御旅山を登り、山頂にある松原八幡神社の御旅所に向かう。

夕暮れが近づくと、それぞれ山からまた練りながら降りて行き、再び麓の練り場で練り合わせてから、各村へと帰って行く。時には帰り道でも他の村の屋台と練り合わせを行う。

服装編集

担ぎ手は「練り子」と呼ばれ、相撲と同様の廻しを着用(白の木綿廻しが原則だが地区によっては黒の絹の繻子廻し)、その上に地区毎の半天(袖無し半天(チャンチャンコ)の場合が多い)を着用する(廻し一丁の場合もある)。シンボルカラーの鉢巻をする。村によっては襦袢を着る。相撲の取り組みと同様の「下がり」を付ける場合もある。昭和20年代までは繻子廻し+下がりが主流で、それ以降は木綿の廻しが主流となる。人によっては相撲廻しではなく博多祇園山笠西大寺会陽と同様の締め込みを着用する場合がある[1]。尚、練り子の家族の少年は早ければ7才くらいから練り子と同じ服装で参加する。これには通過儀礼的色彩があり、又、廻しは特別視される場合が多い。

屋台の周辺には「シデ方」と呼ばれる「紙手」(竹竿の先に紙で作った飾りを付けたもの)を持つ人が集まる。シデ方は練り子より年長で、半天は練り子と同じだが腰には白ネルの腰巻きを付ける(廻しの場合もある)。

屋台の中には「乗り子」、又は「太鼓打ち」と呼ばれる高校生以上の男性4名が乗り込む。乗り子の衣装は豪華な刺繍を施した半天となる。頭巾を被り、その、長く垂れた部分に地区の名前が刺繍され、後に垂らす。尚、かつては、12歳前後の少年が化粧して肩車されて勤めた。

祭礼地域編集

兵庫県姫路市の南東部に位置する旧七ヶ村

  • 以下、公平を期すため宮入順に列記する。
地域名現在の行政区域シデの色主な特徴
旧 東山村姫路市東山千成瓢箪ピンク
(邪気を祓う桃の色)
純銀の擬宝珠
木場港姫路市木場菊水若緑
(精気あふれる若竹の色)
お迎え提灯
舊 松原村姫路市白浜町の西部左三つ巴
(鉄を溶かすフイゴの火の色)
擬宝珠の左右に鯱
旧 八家村姫路市八家左三つ巴
(たぎる血汗と熱血の色)
元禄15年(1702年)作の元姫路城登城太鼓
亀山本徳寺より譲受)
妻鹿町姫路市飾磨区妻鹿左三つ巴朱赤
(質感あふれる熱血の色)
胴突きによる担ぎ上げ
旧 宇佐崎村姫路市白浜町宇佐崎
白浜町の東部
昇り龍
(貴人の色)
飾りは蛭子神社縁起の「竜馬」で統一
旧 中村姫路市白浜町の中部五七の桐
(播磨灘の色)
屋根のてりむくり

交通編集

  • 山陽電鉄本線白浜の宮駅下車
    • 普段は普通しか停車しないが、祭りの日には直通特急や特急が臨時停車し、駅員も配置される。

関連項目 編集

参考文献編集

  • 播磨の祭り(北村泰生、神戸新聞総合出版センター、ISBN 978-4343000453)
    P118に、褌(廻し)を特別視する表現有り
  • 都道府県別 祭礼行事(全47巻、高橋秀雄・他、おうふう、ISBN 427302506X・他)
    兵庫P46に、まわし(廻し)を特別視する表現有り/P41、48に廻し少年登場
  • 裸祭り(矢頭保、美術出版社、1969年)図版131・135・137、P165

外部リンク 編集

テンプレート:Commons

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは灘のけんか祭りにあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:Event-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia