Fandom

Japan

竹下司津男

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 Share

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

竹下 司津男(たけした しづお、1968年5月19日 - )は、日本政治家福岡県古賀市の前市長。

来歴 編集

福岡県古賀市栄町商店街出身。福岡県立福岡高等学校早稲田大学卒業。韓国発祥の新興宗教団体である摂理の元幹部[1][2]

自由民主党の支援を受け2010年11月28日古賀市長選挙にて現職・中村隆象を937票差の接戦で破り初当選[3][4]。12月23日に市長に就任。

2014年11月30日に行われた古賀市長選挙で、前職の中村隆象に破れ落選。

経歴詐称問題 編集

経歴を詐称していたとして公職選挙法違反(虚偽事項の公表)容疑で刑事告発された事が報じられた。

貿易会社代表としていたが、3年前に解散した実態のない企業であった。経歴について「会社が閉鎖されていた事実を知らなかった」と述べているが、登記には代表清算人として竹下の名前が記載されていた[5][6]

2011年1月20日、古賀市議会の定例会本会議において経歴詐称問題について答弁し、登記に問題があった事実を認めた上で、故意ではなかったと主張、また、摂理に関わっていた事を認めた[2]

またこれらの問題で、自民党の前田宏三福岡県議会議員(自身が経営する企業に政務調査費を支払い)と渡辺具能衆議院議員(スピード違反で逮捕)は、竹下を支援していたことで自身の不祥事による支持率低下に追い討ちをかけることとなり、渡辺は引退を表明、前田は自民への追い風が吹く中であったが福岡県議選で落選した [7]

2011年10月11日付で、虚偽事項の公表による公職選挙法違反で書類送検されていたことが報じられた。また、閉鎖された会社と同名の別会社を資本金100円で告示3日前に登記していた事が明らかになった。[8]2012年11月27日、福岡地検は嫌疑不十分で不起訴処分とした[9]

竹下は自身が教祖の性犯罪が問題となった摂理の幹部であったと報じた週刊朝日の記事をめぐり、朝日新聞出版を名誉毀損で訴えていたが、最高裁判所は竹下の上告を退け竹下の敗訴が確定した[10]

脚注 編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia