Fandom

Japan

紀貫之ネカマ説

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

紀貫之ネカマ説(きのつらゆきねかませつ)とは、インターネット上で広まっている俗説。

概要編集

「ネカマ」とは、「インターット+オカマ」の造語であり、紀貫之が生きた時代はインターネットはなく、当然ネカマもありえない。彼の作品が女性的で、『土佐日記』で自身を女として描いていることなどが、現代人がインターネット上のチャットや日記などで男性がオカマキャラを演じることに似ていることから、「文学の中でのオカマ」「のオカマ」という意味合いを込めてネカマと呼んでいると考えられる。当時、ひらがなは「女手」、漢字は「男手」と呼ばれ、男は漢文を書くのが常識だったが、彼は紀行をひらがなでつづった。

参考項目編集

外部リンク編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia