Fandom

Japan

職業選択の自由

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

職業選択の自由(しょくぎょうせんたくのじゆう)とは、基本的人権の一種であり、日本国憲法第22条第1項で定められている。自由権経済的自由権)の一つ。

日本国憲法第22条:何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

職業選択の自由に反している制度編集

天皇制
天皇および皇族は世襲といった特別な身分にあり、職業選択の自由を享有しているとは言いがたい。そのため、しばしば天皇制廃止論が主張される。
裁判員制度
裁判員は日当があり、裁判員法で裁判員になることを「就職」と表現していることなどから、れっきとした職業である。裁判員は選挙有権者名簿から無作為に選ばれ、拒否することが出来ないため、職業選択の自由に反している。

外部リンク編集

Fandomでも見てみる

おまかせWikia