Fandom

Japan

股引

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

股引(ももひき)は日本の伝統的下着の一種。「ぱっち」とも呼ばれる。腰から踝まで、やや密着して覆う形のズボン型。腰の部分は紐で締めるようになっている。安土桃山時代にポルトガルから伝わったカルサオ(カルサンとも)と呼ばれる衣服が原形。江戸時代には鯉口シャツ(ダボシャツ)や、「どんぶり」と呼ばれる腹掛けと共に職人の作業服となった。現代では日常生活では見られないが、祭りに於いて神輿の担ぎ手の服装として最も一般的になった。尚、「ぱっち」は韓国語の「パジ」(바지、baji:ズボンの意)から来たという説がある。

参考文献編集

  • 大江戸復元図鑑<庶民編>(笹間良彦、遊子館、ISBN 4946525548)P208~213
  • 総合服飾史事典(雄山閣出版、1980年)P402~403
  • 風俗辞典(東京堂出版、1957~81年)P713
  • 韓国語説:読売新聞関西版2007年01月16日[1]
Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは股引にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。
テンプレート:インナーウェアテンプレート:Fashion-stub

テンプレート:Japan-culture-stub

Fandomでも見てみる

おまかせWikia