Fandom

Japan

脱小日本思想

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント2 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

脱小日本思想(だつしょうにほん[にっぽん]しそう)

概要編集

小日本(シアオジィベン/xiǎo rìběn)は、もと中国人が用いる日本人の蔑称。

アメリカと軍事同盟を結び、アメリカの言いなりになる日本、封建的制度である天皇制に固持している日本の現状を嘆いて「小日本」と呼び、その現状から脱するべきだとする思想。具体例として、日米安保条約を抜本的に見直し、アメリカに対しもっとノーと言えるようにする、天皇制を廃止し共和制に移行する。

関連項目編集


天皇制と封建制を混同する議論が多い。しかし、徳川幕府のもとでの封建制と明治維新後の天皇制は異なります。

1.士農工商の身分制の撤廃。

2.藩制の廃止による中央集権国家の設立。すなわち、徴兵制、義務教育、議会の設立など近代国家への変化があります。

 つまり、封建制と立憲君主制の異なりがあります。この点は、厳密に区別されなければなりません。もちろん、現在の天皇や皇族などは認められません。敗戦後に、昭和天皇は「人間宣言」をしました。現人神が「私は人間です」と言った。ですから、一日本国民として、他の国民と同様の権利と義務を負わなければならない。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia