Fandom

Japan

臨海学校

521このwikiaの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

臨海学校(りんかいがっこう)とは、小学校中学校高等学校においてに行われる学校行事の一種である。夏の季語

一般的には2泊3日から長くても1週間程度の日程で、海水浴の仕事の体験をするために海に出かける行事である。普段の学校生活においては学べないことを子供たちが集団生活を通じて学ぶ意図もある。同様な行事に林間学校修学旅行などがある。

1925年大正14年7月に日本で初めての臨海学校が成城中学校(現成城中・高等学校)により神奈川県逗子市初声村に開設された。

現在は、普通小中高校では廃止された所が多く、主に日本泳法を伝承する学校や、特別支援学校で行われている。


定番の行事編集

公式編集

非公式編集

肝試し
夕方、宿舎の近くの林道や公園などで行われることが多い。教諭おばけに扮してコースの途中に潜んでいることがある。
枕投げ
消灯時間の前後に興奮して眠れない生徒や児童を中心に行われる。
寝ている人に悪戯
主に枕投げに飽きた生徒や児童たちが行う。
もうひとつの肝試し
消灯時間を過ぎてから、一部の人たちが集まって行われることがある。この場合の恐怖の対象はおばけではなく教諭である。たとえば、夜遅く教諭の部屋の前を通過できるか否かで度胸比べをする、など。

編集

テンプレート:脚注ヘルプ

  1. 男子は六尺褌(又は海水パンツ+腰ひも)、女子はスクール水着+腰ひもが使用される学校もある
    褌ものがたり(越中文俊心交社ISBN 978-4883025220)P10
    [1][2][3][4][5][6]海水パンツ+腰ひも
  2. 採用する流派により、ふんどしの締め方が異なる
    ふんどしの話(新穂栄蔵、JABB出版局、ISBN 978-4915806186)P51~55

関連項目編集

Anime_stub.png このページはウィキペディア日本語版のコンテンツを使用しています。オリジナルのコンテンツは臨海学校にあります。執筆者のリストはページの履歴で確認できます。日本ウィキアと同様に、ウィキペディア日本語版の文章はCC3.0-BY-SAの条件下で再利用できます。

Fandomでも見てみる

おまかせWikia